シボレーの正規ディーラーで注文可能な1,000馬力の「イェンコ/SC コルベット」!
1960年代にシボレー車ベースのカスタムカーで知られたYenko(イェンコ)の名前は、最近になってまた何度か耳にする機会が増えた。カリフォルニア州のチューナー、Specialty Vehicle Engineeringが作り上げた最高出力800hpの「イェンコ/SC コルベット」や、それと同じパワーをピックアップ・トラックに与えた「イェンコ/SC シルバラード」、さらに驚愕の1000hpを発する「イェンコ/SC ステージII カマロ」が記憶に新しいところだ。そして今度はコルベットの最高出力が4桁の大台に乗る。SVEが1000hpを発揮する2019年型「イェンコ/SC ステージII コルベット」の注文受付を発表したのだ。

同車は「コルベット グランスポーツ」のクーペまたはコンバーチブルをベースに、排気量を6.8リッターに拡大したスーパーチャージャー付きGM製V型8気筒「LT1」エンジンを搭載。このエンジンは、CNCポート加工されたハイフロー「LT4」シリンダーヘッド、10%大きなスロットルボディ、大容量の燃料システム、そして容量20%増のスーパーチャージャーによる25%増のブーストによって、最高出力1000hpと最大トルク117.5kgmを発生する。流量が増したエキゾースト・システムには、ブラッシュアルミまたはブラックのアルミキャスト製クアッド・エキゾーストチップが付く。

ボディやハンドリングのパフォーマンスは「コルベットZ06」と同等だが、"Yenko"のロゴと"1000HP"のバッジがボンネット下に収まる物を周囲に知らしめる。追加された強大なパワーに合わせて、ブレンボ製ブレーキはフロントが14.6インチ・ローター+6ピストン・キャリパー、リアには14.4インチ・ローター+4ピストン・キャリパーを装着。ただし、このステージIIのマシンでは、カーボンセラミック・ブレーキとアップグレードされたサスペンションが付く「Z07」パフォーマンス・パッケージの選択が推奨されている。トランスミッションは7速マニュアル、またはオプションで"ヘビーデューティ"な8速オートマチックから選べる。

SVEが製造するイェンコ/SC ステージII コルベットはわずか25台の限定になる予定で、それらは米国とカナダのシボレー車ディーラーを通して注文が可能だ。価格はベースとなる新車のコルベット グランスポーツは別に、MT車が6万8,995ドル(約767万円)から、AT車は7万7,995ドル(約868万円)からとなっている。トランスミッションには12カ月または1万2,000マイル(約1万9,000km)、エンジンを含むそれ以外のコンポーネントには3年または3万6,000マイル(6万km)までの保証も付く。

他にオプションとして、リア・フェイシア上部とディフューザーのカラーリング(1,495ドル≒16.6万円)、Z06スタイルのグランド・エフェクトパッケージ(3,495ドル≒39万円)、Z06クリア「ウィッカービル」アジャスタブル・スポイラーセンター(795ドル≒8.8万円)、スーパーチャージャーの塗装(1,195ドル≒13.3万円)、ブレーキ・キャリパーのボディまたはストライプ同色塗装(1,195ドル≒13.3万円)、ホイールのブラック・パウダーコート仕上げとストライプ塗装(1,195ドル≒13.3万円)などが用意されている。

なお、このイェンコ/SC ステージII コルベットは、カリフォルニア州の排ガス規制には適応していない。


By JOHN BELTZ SNYDER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
最高出力1000馬力を誇る「イェンコ カマロ」が登場! シボレーのディーラーで注文できて3年保証付き

シボレー「コルベット グランスポーツ」を800馬力に引き上げるチューニング・パッケージが登場!

米国の有名チューナー2社が、シボレー「コルベット Z06」を700馬力以上に!

■関連動画