【ビデオ】フォルクスワーゲン、パイクスピークで最速記録を更新した「I.D. R Pikes Peak」の車載映像を公開
1カ月前、ロマン・デュマ選手がパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで、フォルクスワーゲンが同レースのために特別に製作した電気自動車(EV)、「I.D. R Pikes Peak」を駆り、歴代最速記録を更新した。そのタイムはパイクスピーク史上初めて8分を切り、7秒57秒148というものだった。果たしてこのタイムアタック中にコクピットから見える景色はどのようなものだったのか。フォルクスワーゲン・モータースポーツからようやく公開された車載カメラの映像を見れば、前人未踏のドライビングに同乗する気分が味わえる。

映像では不気味なほど甲高いモーター音に加え、"unbilevable!"を連発する興奮した実況解説の声が聞こえてくる。コクピットの車載映像と共に、上空を飛ぶヘリコプターから撮影された走行する様子もご覧いただける。見どころは、最高出力680hpを発生するレースカーの超ハイテクなF1スタイルのステアリング・ホイールを苦労しながら操るデュマ選手の、上下に幅が狭いウインドスクリーンを通して見ている視界を体験できるところだろう。あっという間に過ぎていく景色を背景に、I.D. R Pikes Peakのキャビンの中をのぞき見している気分だ。

映像はこの記録的な走行を様々な角度から映し出しているものの、3分5秒を過ぎた辺りから車載カメラの映像が見られなくなるのが非常に残念だ。それでも、山頂を目指す歴史的な走りが見られる素晴らしいドキュメンタリー映像といえるだろう。156ものコーナーがある12.42マイル(約19.99km)の過酷なコースを、これほど速く走りきった人とクルマは今までなかったのだ。



By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
パイクスピークに挑戦したフォルクスワーゲンの「I.D. R Pikes Peak」、EV最速どころか驚異的タイムで新記録を達成!

【ビデオ】フォルクスワーゲン、パイクスピークで史上最速タイムを達成した「I.D. R Pikes Peak」の空撮映像を公開!

■関連動画