7月26日、木曜日。本日は、語呂合わせから「夏風呂の日」(な=7・つ・ぶ=2・ろ=6)だそうです。夏風呂愛好家らが制定したようですが、今年はこれだけ暑いと、汗を流したいけど風呂は熱いのでシャワーで済ますという人も多いのではないでしょうか。

筆者はシャワー派よりだんぜん風呂派で、湯船にお湯を張って必ず入浴しています。お風呂に入ったあと、ダラダラと汗が止まらなかったりもしますが、それもまたいいんです。汗を流したのに、また汗をかくというのは本末転倒な気もしないでもないですが、裸で扇風機の前に立って身体を冷ますのが、気持ちいいんですよね。で、風呂上がりにビールを一気。たまりません。

それでは暑さにめげず、振り返っていきましょう。

2017年
最初の「マクラーレン F1」米国仕様車がオークションに出品
トヨタ、電気自動車に大きな進化をもたらす「全固体電池」を開発
インディカー、2018年から導入される共通エアロキット「NEXT」を公開

Related Gallery:First US-Spec McLaren F1

Related Gallery: 2018 IndyCar NEXT


2016年
ホンダ、ソニック・ザ・ヘッジホッグの誕生25周年を祝って特別な「シビック」を製作
インドネシアで新型スポーツモデル「CBR250RR」を発表。日本にも導入予定
中古市場でポルシェ「911 R」の価格が急騰し1億3,000万円を超える高値に

Related Gallery:Honda Sonic Civic for Comic-Con 2016

Related Gallery:Honda 2016 CBR250RR

Related Gallery: 2017 Porsche 911 R: Geneva 2016


2015年
シェルビー、世界選手権制覇50周年を記念して「デイトナ・クーペ」を50台限定で復刻生産
40台のフェラーリ「F12 ベルリネッタ」がニュルブルクリンクに一挙集結
フォード、「シェルビー GT350 マスタング」のHUD式シフト・ライトを公開

Related Gallery: Shelby American Continuation Daytona Coupes

Related Gallery:Ford Shelby GT350 HUD shift light


2014年
オープンカーのオーナーは「高学歴でお金持ち」という調査結果&人気のオープン ベスト5
スバル「WRX STI」とアウディ「S3」を徹底比較
特別限定モデルを全て所有する男性が「ラ フェラーリ」を受け取りに

Related Gallery:2013 Ford Mustang GT Convertible: Review Photos

Related Gallery:2015 Subaru WRX STI Photos

Related Gallery:LaFerrari family portrait Photos


本日気になった記事の見出しは、2017年の「マクラーレン F1」米国仕様車がオークションに出品でしょう。BMW M製V12エンジンを搭載し、最高出力627hp、最高速度は370km/hを超え、長年世界最速と言われたクルマです。今回オークションに出品されたのは、1995年型で、米国に輸入された最初のマクラーレン F1であり、米国の公道を走る認可を取得していることが特徴です。購入したオーナーは、1996年に英国にあるマクラーレンの工場で受け取り、米国へ持ち帰ったあと、米国の安全・排出基準に適合するよう改修。その後ヨーロッパ仕様に戻したのですが、改修したパーツをすべて保管し、今回の出品に含まれています。

21年に渡り所有し続けましたが状態は非常によく、とてもキレイな状態で保管されていて、かなりの値がつけられると予想されていました。この記事のあと8月にオークションが行われ、落札価格はなんと1562万ドル(約17億3547万円)でした。

さて、最近のあまりの暑さにダレ気味かと思いますが、もうひと頑張りしましょう。