【ビデオ】ケン・ブロックのフォード「エスコート RS コスワース」が、ラリーで横転し炎上!
ケン・ブロックのフォード「エスコート RS コスワース」ラリー仕様を覚えているだろうか? 残念ながら、この"コッシー"で残っているものは、思い出と黒焦げの構造物だけになってしまった。

米国メイン州で行われたニューイングランド・フォレスト・ラリーに出場したエスコートRSコスワースは、石にぶつかった直後、横転して炎に包まれた。それから間もなく、この1990年代の伝説的なグループAラリーカーは焼失してしまった。幸運にもブロックとコ・ドライバーのアレックス・ゲルソミーノは、出火に気付いてからすぐにクルマの外へ出ることができ、重傷を負わずに済んだ。

Instagramの投稿で、ブロックは「ホイールから着地したこともあり、横転後もレースを続けようとしたが、あっという間に炎が燃え広がり、コース脇でクルマは完全に燃えてしまった」と書いている。YouTubeに投稿された映像を見れば、車外へ脱出するための時間がごく僅かしかなかったことが分かる。



ブロックによると、今回の事故の原因はそれ以前から不調だったギアボックスにあるそうで、コーナーに差し掛かったところでシフトダウンしようとしたが上手くいかなかったため、イン側にラインを外れ、大きな石に当たって横転してしまったという。映像を見ると、ギアが入らずエンジンが空転しているような音が聞こえる。ブロックとゲルソミーノが全体で3位につけていたことを思うと特に残念だ。

だが、ブロックがTwitterで公開したオンボード映像では、このエスコートが快調に走っている様子も見ることができる。

「私の大好きなグラベル・ステージの1つであるニューイングランド・フォレスト・ラリーのコンコード池(SS 1と2)から、いくつかジャンプと高速コーナリングを。私たちはこのステージでは4番目に速かった(現代の速いラリーカーの後ろにつけていた)。25歳の"コッシー"フォード エスコート RS、古いグループA/WRCカーとしては悪くない!」


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
ケン・ブロックが『ジムカーナ10』に登場するフォード「エスコート RS コスワース」を公開! ラリーにもスポット参戦

【ビデオ】車載カメラが捉えたラリーカーの衝撃クラッシュ映像!

【ビデオ】ラリーカーが観衆に突っ込む恐怖の瞬間映像!

■関連動画