Related Gallery:2018 Hakobot

自動配送ロボットの開発を行うスタートアップ「株式会社Hakobot」は、アドバイザーにホリエモンこと、堀江貴文氏が就任したことを発表した。

アドバイザーの堀江氏は、現在はロケットエンジンの開発や、グルメアプリ「テリヤキ」、コミュニケーションアプリ「755」のプロデュース、また予防医療普及協会として活動するなど幅広く活躍している実業家だ。

自動運転技術の発達により、完全自動運転自動車の実現も現実的なものへと進んでいるが、同社はその自動運転技術を利用して、陸上を走る無人の自動配送ロボットを開発中とのこと。


インターネットの普及等によって、通信販売による荷物の運送量は格段に増加し、地方と都市の間での消費格差も少なくなってはきたが、近年、日本では年間約35億個以上の宅配便が運搬されており、特に地方では人口の減少や高齢化も相まって、配達員への負担は日に日に大きくなっている。

そこで、人手不足や労働環境問題の解消、ロボットの導入による業務の効率化を目指し、同社は、これから様々な問題が顕在化してくる「地方」のために、地方都市宮崎市に2018年5月にこの会社を設立したとのことだ。

すでに、海外ではこのような無人自動配送ロボットの開発は行われており、2018年末までに1000台の導入を目指し、20億円以上の資金調達に成功している企業も存在する。また、公道を走行し、フードデリバリーの実験を行なっているが、日本ではまだこの分野に取り組んでいる企業は少ないのが現状だ。

日本におけるラストワンマイルを埋めるロボットの開発はまだまだこれからだと捉えている同社は、ロボットの早期開発、早期の市場参入を目指し開発に取り組んで行くとのこと。


詳細は公表されていないが、画像で見ると大型のベビーカーぐらいのサイズだろうか。カメラやセンサーを使って人や障害物を認識し、自動的に荷物を運んでくれるとのこと。

今後の展開としては、試作品が完成次第、環境の異なる様々な場所で実証実験を行なっていく予定となっている。

また、GPSなどの位置情報を元に自分の位置を認識、センサーや画像認識などにより周囲を把握し、ラストワンマイルを埋める自動配送ロボットとしての役割を果たすために、様々なデータの収集やあらゆる場面・環境においてこのロボットが正常に動作することを確認するためにも、様々な環境で実証実験を行う予定だ。

労働人口の減少や高齢化、買い物難民の増加など物流に関する難問は山積だ。自動配送ロボットの実現は、個別配送の問題解決のキーになるに違いない。