秘密兵器も満載! 映画『007 ゴールドフィンガー』に登場したアストンマーティン「DB5」のレゴが発売!
Related Gallery:Aston Martin DB5 Goldfinger Lego Kit

我々が予想した通り、レゴによるジェームズ・ボンドをテーマにしたアストンマーティンのモデルキットは、『007 ゴールドフィンガー』に登場する1964年型アストンマーティン「DB5」だった。このクルマは『カジノ・ロワイヤル』や『スカイフォール』、『ゴールデンアイ』など、他のボンド映画にも何度か姿を見せているので、ファンにとっても最も馴染み深い"ボンドカー"と言えるだろう。一見したところ、アストンの流麗なスタイルは、「ワーゲンバス」や「MINI クーパー」など箱型のクルマと比べると上手くレゴで再現することは難しかったようだ。しかし、それは許そう。なぜかって? このキットは映画で見られる秘密兵器も全て搭載されており、それがちゃんと作動するのだ!

フロント部分は車内のシフトレバーを引くとウインカーが反転し、マシンガンの銃身が出てくる。ダッシュボードには追跡装置が隠されており、ドアの内側には車載電話が装備されている。


インテリアにおける最大の特徴は、何と言ってもイジェクター・シートだ。リア・バンパーを引っ張ると、ルーフが開いてシートが射出されるのだ。リア・ウィンドウの後方には追っ手の銃弾から乗員を守る上下動可能な防弾シールドが備わる。4つのホイール全てにタイヤカッターを取り付けることもでき(さすがに格納はできないが)、ナンバープレートは回転式で他のナンバーに表示を変更することも可能だ。

映画ファンだけでなく、カーエンスージアストのためにDB5を再現することも、レゴはもちろん忘れていなかった。前方ヒンジのボンネットを開けると、その内部にはダブル・オーバーヘッド・カムシャフトの直列6気筒エンジンが搭載されており、トリプル・キャブレターも装着されている。ドアはもちろん、広々とした空間が確保されたトランクも同様に開閉可能だ。

米国では149ドル99セント(約1万6,700円)という価格で8月1日に発売される。1,290のパーツで構成され、完成したモデルは全長約13インチ(約33cm)になるという。



By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】映画007『ゴールドフィンガー』のボンドカー、実は17年前から行方不明

映画『007 ゴールデンアイ』に登場したアストンマーティン「DB5」がオークションに!

【ビデオ】レゴで作るフェラーリ「F40」のタイムラプス映像

■関連動画