ホンダ、着脱式可搬バッテリーと電動バイクによる実証実験をインドネシアで開始
ホンダはパナソニックと提携し、今年のCESで披露された着脱式可搬バッテリーのテストを開始します。両社はホンダの「モバイルパワーパック」をインドネシアに持ち込み、電動バイクなどの電動モビリティーでのテストを実施するのです。

インドネシアはインドや中国に続く世界3位のバイク市場で、同国政府は2輪車による交通渋滞と環境汚染の低減を課題としていました。その方法のうちの一つが電動バイクを普及させることで、それが今回のインドネシアにおけるモバイルパワーパックのテストにつながったのです。



ホンダとパナソニックは現地パートナーと協力し、電動バイクが抱える移動距離や充電時間の問題をモバイルパワーパックが解決できるかどうかを実証します。実際には現地に、複数バッテリーの同時充電が可能な数十箇所の充電ステーションを設置する予定です。この方法なら、ライダーは充電ステーションでバッテリーを交換すればすぐにまた走り出せます。実際の実証実験は2018年12月から、インドネシアの複数地点で始まる予定です。


By Mariella MoonEngadget
翻訳:塚本直樹

※こちらの記事は『Engadget 日本版』より許可を得て掲載したものです。