英国のノーブルが、久しぶりの新型モデル「M500」を発表! エンジンは「フォードGT」、ヘッドライトは「コルベット」から!?
7月12~15日に英国で開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでは、日産「GT-R50」からトヨタ「スープラ」まで、様々な新型スポーツカーがデビューを飾った。これらのクルマがグッドウッドに登場することは事前に把握していたが、英国の小さな自動車メーカー、ノーブル・オートモーティブが「M500」という名前の新型モデルを発表することは予想していなかった。

「これが私たちの久しぶりの新型車です。現時点では、単なる実物大模型ではありますが。名前はM500。パワフルなM600のもっと親しみやすい弟分です」

このM500は、確かにハンサムなクルマだが、フラットな面とシャープな角と張り出したエア・スクープを持つ「M600」のような荒々しさは感じられない。M600より個性が薄く見えてしまう恐れはあるものの、より自然なデザインで全てがまとまっている。面白いディテールとしてはC7型シボレー「コルベット」のヘッドライトを流用しているようだ。ノーブルのクルマに驚くほどマッチしている。

同社のツイートで述べられているように、M500はM600の後継モデルではなく、最高出力660hpのV型8気筒ツインターボ・エンジンを搭載するモンスターの親しみやすい下位モデルになるようだ。しかしながら、M500が遅いというわけではない。英国の自動車メディア『Autocar』によれば、M500にはフォードがあの新型「フォード GT」にも使用している3.5リッターV型6気筒ツインターボ・エンジンの最高出力550hpバージョンが搭載されるという。このエンジンにはデュアルクラッチ・トランスミッションが組み合わされ、ボディはカーボンファイバーではなくグラスファイバー製になるようだ。

開発はまだ始まったばかりなので、市販モデルの発表は早くても来年になると思われる。実車の公開やさらなる情報が明らかになる時を楽しみに待つことにしよう。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】英ノーブル社製のスーパーカー「M600」が、ついに生産開始!

市販化へ前進! 英ノーブルが「スピードスター600」のプロトタイプを公開

【ビデオ】フェラーリF458 vs ポルシェ911ターボ vs マクラーレンMP4-12C vs ノーブルの対決!

■関連動画