Related Gallery:2018 Honda N-VAN 03

ホンダN-VAN(エヌバン)」には、こだわりのポイントが満載だ。今回は内装のこだわりポイントをご紹介しよう。

助手席の前には一般的にはグローブボックスがあるが、N-VANにはグローブボックスがない。インパネには、ティシューボックスなどが置けるスペースなどが設けられ、便利さを追求したはずのN-VANなのに、グローブボックスがないのはなぜなのだろうか。

それは、グローブボックスを無くすことで、助手席を前に倒しやすくし、長い荷物をなるべくしっかり積むための工夫なのだ。


そうなると、当たり前のようにグローブボックスに入れていた車検証や整備手帳などの置き場がなくなってしまう。

そこで用意されたのが、運転席の後ろのポケットの奥に作られたファスナー付のポケットだ。このポケットには、車検証などを収納することができ、しかも荷物が積載されていても取り出しやすく、ファスナー付きなので紛失しにくいという工夫もなされているのだ。


いろいろな機能が盛り込まれているN-VANだが、実はごみ箱はないのだ。

その点を質問したところ、朝コンビニでお弁当を買って、食べ終わった後は、弁当容器をそのまま袋にぶら下げて最後、コンビニなどに立ち寄って袋ごとゴミを捨てて帰ることが多いからとのこと。

確かにバンの車内を覗くと、シフトノブにコンビニの袋を吊り下げているクルマをよく見かける。N-VANの場合は、安全に操作ができるよう、シフトノブに袋をかけなくてもよいように、近くに大きめのフックを設置するという工夫がなされている。


さらに助手席のドアノブにも2か所のフック形状が盛り込まれており、複数のコンビニの袋などをしっかりぶら下げることができるように工夫されている。


ダッシュボードにはUSBの端子が2か所(タイプによる)設けられている。ここに充電ケーブルを差し込めば、スマホやタブレットを充電することができる。


ポケット内には、このようなオレンジの部品が装着されている。

スマホの画面をすべて見えるように置くことはできないが、スマホの大きさに合わせてこのオレンジの部品の差し込み位置を移動することで、スマホを安定して置くことができる工夫もなされている。


インパネで目に付くのが、助手席側のエアコン吹き出し口の位置だ。

通常、助手席側は一番左に寄せて装着されることが多いエアコンの吹き出し口だが多いが、N-VANの場合一人で乗ることが多いため、あえて運転席側にオフセットして設置したとのこと。この位置からだと、運転席からも手が届くので、一人で乗る際は、吹き出し口のフィンの向きを自分に向けて、風を独り占めにできそうだ。

もちろん助手席の前に吹き出し口があるので、助手席に人がいる際も、エアコンの風を受けることは問題なくできる。


天井には、数多くのルームランプが設置されている。

フロントにはマップや伝票などが見やすいスポットタイプが、中央には通常のルームランプ、後部にはリアゲートから荷物を下ろす際に便利な位置にランプが設けられている。

さらに、N-VANには助手席のスライドドアの側にもルームランプが設置されている。これは荷物満載の場合、スライドドア側から荷物を下ろす際にも、明るく照らせるようにと考えられて設置されたものだ。

なお、+STYLEはホワイトLEDのバルブになっており、より明るく照らすことができるとのことだ。


ヘッドレストの収納位置も工夫されている。

助手席などをフラットにするためにヘッドレストやピローを外す必要があるが、これらの部品の置き場に困ることがないよう、ドアなどに専用の保持スペースが用意されている。


また、助手席を使う際などは、このヘッドレストを取り外すと、ペットボトルや小物を入れるスペースとなり、乗用車のように、ボトルや小物を入れるドアポケットとして使うことができるようになっているのだ。

最近のクルマは、デザインや安全装備は新しいものの、機能的な装備に関してはマンネリ化してきていることが多いが、N-VANは現場からの声を元に開発しただけあって、こだわりの工夫が満載なのだ。


■関連リンク
ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp

■関連記事
「バモス」「アクティバン」が消滅し19年ぶりに商用軽がフルモデルチェンジ!! 人への配慮が満載のホンダ「N-VAN」発売!!

ホンダ「N-VAN」が、特におひとり様におススメな訳とは!?

工夫が満載!! ホンダ「N-VAN」のこだわりのポイントとは!?(外装編)