フェラーリが「レッド・ドット:ベスト・オブ・ザ・ベスト」デザイン賞を4年連続で受賞
(2018年7月10日、マラネッロ発 )フェラーリは、最新V8エンジン搭載GT車輌 Portofino の革新的なデザインが評価され、「レッド・ドット:ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞しました。これで Cavallino Rampante(跳ね馬)は、ひとつのニュー・モデルと対象としたこの栄誉ある賞を受賞するのは4年連続となります。

Ferrari Portofino は、クラストップの性能とラゲッジ・スペースを併せ持つ、リトラクタブル・ハードトップが特徴のエレガントで多用途性に優れたコンバーチブル・モデルです。そのスタイルに感銘を受けた国際審査員は、次のように述べました。「Ferrari Portofino は、感動的な進化発展を現実のものとしたこによって、胸を躍らせるような造形美で人々の心をとりこにします。それは、魅力的な彫刻が発するメッセージのようです。リトラクタブル・ハードトップの組み合わせは最適解となっています。いつまでも記憶に残るエレガントなフォルムは、マティリアルと技術の妥協のない高い品質によってさらに強調されています。Ferrari Portofino は、これまでにない未来志向のアプローチを完璧に実現させたモデルです。」

また、7月9日にドイツ・エッセンの「Aalto Theater」で行われた祝賀セレモニーでは、国際的なデザイナーで構成された審査団からフェラーリの優秀なデザイン品質を称えるふたつのレッド・ドット賞が、812 SuperfastFXX K EVO に贈られました。

この賞はフェラーリ製品の基盤となる確かなデザインと画期的な技術を実証するものです。812 Superfast は、エクステリアのサイズおよびキャビン空間を変更することなく、フロント V12 フェラーリの標準を再定義したモデルです。特徴的なファストバックの滑らかなシルエット、明確に折れ急激に傾斜するライン、印象的な力感あふれるホイールアーチは、その堂々たる 6.5リットル V型12気筒によって保証された 812 Superfast のパワーとアグレッシブな印象をビジュアルで伝えます。

FXX K EVO は、この専用研究開発プログラムで大きな役割を果たすために特別開発された車輌で、2005年に始まったXXプログラムを大きく進展させたモデルです。FXX K EVO は、レース専用スーパーカーとして、すでに最先端を誇るモデルの性能をさらに極限まで引き上げるために、フェラーリのエンジニアとフェラーリ・スタイリングセンターのデザイナーが共同で開発したエアロ・パッケージの最新進化版を装備しているのが特徴です。

フェラーリに関する最新情報は、Ferrari.com(日本語版)よりご覧いただけます。
http://www.ferrari.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

Related Gallery:Ferrari Portofino