ついにスクーターもハイブリッドに!! ホンダ、世界初の量産2輪車用ハイブリッドスクーター「PCX HYBRID」を発表!!
Related Gallery:2018 Honda Pcx Hybrid

ホンダは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで人気のスクーター「PCX」シリーズに、量産二輪車用として世界初となるハイブリッドシステムを採用した原付二種(第二種原動機付自転車)スクーター「PCX HYBRID」をタイプ設定し、9月14日から発売することを発表した。

PCX HYBRIDは、2018年4月に発売されたPCXをベースに、新たに搭載した高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、エンジンの始動や発電を担っているACGスターターに駆動アシストの機能を追加。エンジンへのモーターによるアシストを行うことで、従来の同クラススクーターを超える機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を実現している。

なお、走行状況やライダーの好みに合わせて、モーターのアシスト力を変更できる2つのモードを設定。快適な走行と適度なアシストを両立し低燃費に寄与する「Dモード」と、アシストを強めてよりスポーツ性を高めた「Sモード」により、モーターアシスト特性の切り替えを可能としているとのことだ。





エンジンの始動とアシストは、高出力型の48V系リチウムイオンバッテリーをエネルギー源に、アシスト制御やバッテリー監視機能などを持つ「パワードライブユニット(PDU)」を介し、駆動アシストの機能を追加したACGスターターにより行われる。

ACGスターターによるアシストは、スロットル操作にともなうアシスト開始から、約4秒間作動(アシスト開始から最大トルクを約3秒間継続し、その後1秒間で徐減させていく仕様)。アシストはスロットル開度に合せたセッティングとし、PCXと同等の扱いやすさを維持しながら走行状況に応じた俊敏な加速を可能としているとのことだ。

なお、フルフェイスヘルメット1つを収納可能な容量23Lのラゲッジボックスの後方にリチウムイオンバッテリーを、フロントカバー内にPDUを配置するなど、125ccスクーターの限られたスペースに効率よく搭載している。

また、高いエネルギー密度のリチウムイオンバッテリーと、バッテリー残量などを管理する「バッテリーマネージメントユニット(BMU)」は、リチウムイオンバッテリーパックに収納することにより、コンパクトなバッテリーユニットになっている。


スタイリングは、流麗で伸びやかなフォルムを基調に、フロントからリアまで連続的に変化のあるボディー曲面で構成。省電力に寄与するLEDを採用した灯火器類は、ヘッドライトのシグネチャーランプ(ポジションランプ)裏側のブラケットと、テールランプ点灯部のインナーレンズをブルーとするなど、先進性と上質感をさらに高めている。

なお、カラーリングは、ハイブリッド車の先進性とプレミアム感を演出する、パールダークナイトブルーのみとなっている。

メーターパネルには、ハイブリッドシステムのさまざまな情報をわかりやすく表示。スピードメーターや時計、平均燃費に加え、モード表示、エンジンへのアシストレベルやリチウムイオンバッテリーへのチャージレベル、リチウムイオンバッテリーの残量計などをディスプレイで確認できる。

その他、アイドリングストップ・システム、フロントのみが作動するABS(アンチロックブレーキシステム)、スマートキーを携帯して車両に接近することで、衣類のポケットなどからスマートキー自体を取り出すことなく、メインスイッチノブの解施錠を可能とするHonda SMART Key システムなど充実した装備となっている。

なお、受注生産で、販売計画台数(国内・年間) 2,000台、価格は 43万2,000円(消費税・リサイクル費含)、「Honda 二輪EV取扱店」での販売となっている。

第一弾となる量産2輪車ハイブリッドではあるが、あくまでエンジンのアシストとしてのハイブリッドであり、EV走行は盛り込まれていない。今後EV走行ができるようになるのか、あくまでターボ的にアシストしていく方向へ進むのか、どのように進化していくのか楽しみだ。


■関連サイト
ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/PCX/

Related Gallery:2018 Honda Pcx Hybrid