価値が上がるクルマを予想せよ! 一口5,500円程からヴィンテージカーに投資できるiPhone用アプリが登場
Rally Rd.」は株式市場で株を買うのと似た要領で、ヴィンテージカーに投資できるiPhoneアプリだ。このアプリは基本的に、証券会社というよりはファンドであり、ユーザーはお金を会社に投資する代わりにRally Rd.が所有するクルマに投資するという仕組みだ。それらのモデルは、ジャガーXJ220」やロータス「エスプリ」、BMWのE36型「M3 ライトウェイト」など。しかし、残念ながら所有するのはクルマの一部だけなので、運転して楽しむことはできない。

クルマは全て子会社のRSE Collection LLCに運ばれメインテナンスを受ける。Rally Rd.の運営チームによって購入された各車両は市場価値が上がると予想されるモデルで、クルマの値打ちが上がればそれに投資した人のシェアも価値が上がるというわけだ。

"1株"は50ドル(約5,500円)から投資が可能で、全ての取引はアメリカ証券取引委員会によって定められた規則に従って行われる。Rally Rd.はクルマの所有履歴、画像や映像、同等のクルマの市場価値などの情報を提供する。

各車両は、温度や湿度が調節された特別な施設で24時間監視される。一般的に、クルマは走行距離が多いほど価値は下がるものだが、ここでは見せびらかしたり走りを楽しむためのクラシックカーではなく、単なる投機の対象と見なされるので、メインテナンス目的以外に走行距離を伸ばすことはない。とはいえRally Rd.では、投資家たちがコレクションされているクルマを観覧したり、似たようなモデルを実際に運転できる機会を設けることも検討しているとのことだ。

米国のソーシャル・セキュリティー・ナンバーを持つ18歳以上の方であれば、誰でも投資が可能だが、Rally Rd.は現在、米国内の32の州のみで利用可能だ。同社は将来的にこの数を広げていくことを計画している。また、アプリは今のところiPhone(iOS)のみの対応となっている。

このようなクラシックカーの投資ファンドは、決して新しいアイディアというわけではない。例えば2011年には、ピンク・フロイドのドラマーで著名なカーエンスージアストであるニック・マンソン主導IGAオートモービル・ファンドというものを紹介したこともある。しかし、Rally Rd.のビジネスモデルは、アプリを使うことで利便性が高められている。

もちろん、これらのクルマで儲けられるという保証はない。通常の株と同じように、投資家はそれぞれのクルマについて調べ、今後の価値を予想する必要があるのだ。




REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画