1億円を超える「GT-R」が誕生!? 日産とイタルデザインが「GT-R50 by Italdesign」の少数限定生産を示唆
Related Gallery:Nissan GT-R50 by Italdesign

日産自動車イタルデザインの提携によって誕生した「Nissan GT-R50 by Italdesign」が、少数限定生産される可能性があることが両社からの発表によって分かった。

日産の高性能車「GT-R」が2019年に、イタリアの有名カロッツェリアであるイタルデザインが2018年に、それぞれ50周年を迎えることを記念して製作されたNissan GT-R50 by Italdesignは、開発、設計、製造はイタルデザインが、そして外装・内装デザインはロンドンの日産デザインヨーロッパと、日産デザインアメリカが担当した。ベースとなっているのは現行型「GT-R NISMO」だが、その内外装は大幅に作り替えられ、さらに3.8リッターV6 VR38DETTエンジンは日産のモータースポーツ部門を担うニスモの手で、最高出力720ps、最大トルク780Nmに高められるという。向上したパワーに合わせ、ビルシュタイン製ダンパーを採用するサスペンションやブレンボ製ブレーキも強化されている。

日産によれば、7月12日から15日まで英国チェスターで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードを皮切りに、Nissan GT-R50 by Italdesignは今後数ヶ月の間に世界各地で実車が公開され、将来的には50台以下の車両が顧客のために生産される可能性があるという。その場合は1台ずつオーナーの好みに合わせて仕立てられ、価格は90万ユーロ(約1億1,700万円)からになる見込みとのこと。生産はこれまでも何度か特別なスーパーカーの少量生産を手掛けているイタルデザインで行われる。

日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員アルフォンソ・アルバイサ氏のコメント
「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは、両社が50年間お客さまの夢を常に鼓舞しつづけたことを祝福する、パワーと芸術性の融合である『Nissan GT-R50 by Italdesign』をお披露目するのに理想的なイベントです。このプロトタイプモデルと同様に、グッドウッドはクルマのデザインやパフォーマンスを讃え、過去と未来の独創的な自動車への耽溺、そして愛にあふれています。だからこそ、人々の想像力をかき立て、夢を膨らませるこのプロトタイプ車を出展するのに最高の場所なのです」

イタルデザイン・ジウジアーロ ヨルグ・アスタロッシュCEOによるコメント
「イタルデザインには、お客さまの夢を実現してきた長い歴史があります。私たちは今回、日産をパートナーとして迎え、夢のGT-Rを実現しました。両社の目指すところは、この『車のモンスター』がほどなくして50名の選ばれしエンスージアストの生活に新たな彩りをもたらすことです」



■関連リンク
Nissan GT-R50 by Italdesign 特設サイト
https://www.gt-r50.nissan

■関連記事
史上最も美しい「GT-R」!? 日産とイタルデザインが共同で開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開!

日産、「GT-R NISMO」の2017年モデルを公開

イタルデザイン、コレクター向け少量生産モデルを手掛ける新ブランドを設立

Related Gallery:Nissan GT-R50 by Italdesign