上質感を追求したパーソナルコミューターに進化!! ホンダ「スーパーカブ C125」を9月14日より発売!!
Related Gallery:2018 Honda C125

ホンダは、スーパーカブシリーズの普遍的な車体パッケージに、最新装備を採用するなど、より上質感を追求した原付二種(第二種原動機付自転車)のパーソナルコミューター「スーパーカブ C125」を9月14日に発売することを発表した。

スーパーカブシリーズは、1958年8月に初代モデルのスーパーカブC100を発売して以来、低燃費や静粛性、信頼・耐久性に優れた4ストロークエンジンを搭載し、乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームや、クラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチの採用などで、幅広い層のユーザーに愛用され、2018年8月に発売60周年を迎えるロングセラーモデルだ。

フロント回りは、初代モデルのスーパーカブC100をモチーフに、鳥が翼を広げたようなハンドル形状が継承され、一目でスーパーカブと分かるデザインが採用されている。


スーパーカブ C125は、歴代スーパーカブシリーズの特徴的なデザインである、レッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成されたシルエットに、初代モデルの「スーパーカブ C100」を彷彿させる"鳥が翼を広げたような形のハンドル"部から、フロントフォークまでを一体とした「ユニットステア」を採用するなど、普遍的で気品のあるスタイリングに仕上げられている。


カラーリングは初代スーパーカブの印象を踏襲した「パールニルタバブルー」を採用するとともに、エンブレムには歴史あるホンダ二輪プロダクトブランドであることを象徴する、オールドタイプのウイングマークが装着されている。


ボディは、スーパーカブ110のフレームをベースに、ヘッドパイプ回りの構成部品やエンジンハンガーの剛性を高め、125ccエンジンの動力性能とバランスのとれたハンドリングを実現。

また、ハンドルマウント、シートマウント、ステップ踏面にラバーを採用し振動低減を図ることで快適性を向上させている。

フロントブレーキには、125ccエンジンの動力性能に対してより安心感のある制動力を確保するディスクブレーキを採用、前後ホイールには、切削加工仕上げの専用アルミキャストホイールを採用し、他のスーパーカブとは一線を画すスタイルとなっている。


エンジンは、扱いやすく燃費に優れた空冷・4ストローク・OHC・125cc単気筒エンジンを搭載。

高級感のあるエンジン外観にするとともに、プライマリーギアをヘリカルギアとしたほか、より精度の高いクランクジャーナルベアリングを採用することで、エンジン音の静粛性をより高めるとともに、クラッチダンパーラバー素材の最適化を図るなど、より質感の高いスムーズな変速フィーリングを実現している。

なお、スペックは以下のとおり。
最高出力(kW[PS]/rpm) 7.1[9.7]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 10[1.0]/5,000


ヘッドライト、テールランプ、ウインカーは、シンプルなデザインとし、省エネルギーで長寿命なLEDを採用。

また、メーターは、中心に配置したクロームメッキのリング外側にアナログ表示、内側にデジタル表示を採用し、クラシカルで上質な印象に仕上げられている。


キーは、Honda SMART Keyシステムを採用。スマートキーを携帯して車両に接近することで、衣類のポケットなどからスマートキー自体を取り出すことなく、メインスイッチノブの解施錠を可能とするなど、優れた利便性を実現している。

製造国はタイ、販売計画台数(国内・年間) 3,000台。そして価格は、39万9,600円(消費税込)となっている。

今回登場したモデルは1カラーだが、タイでは4色のカラーバリエーションも用意されているので、今後の展開も期待したい。


■関連サイト
ホンダ公式サイト
http://www.honda.co.jp/C125/

[TMS2017] Super Cub C125