【ビデオ】駐めていたクルマの中にクマが閉じ込められていた! 勇敢な保安官が逃がしてやるまで
米国カリフォルニア州タホ湖周辺の地方自治体に属さない「非法人地域」で、同地域管轄の保安官がスバル「アウトバック」の中に閉じ込められた1頭のクマに対応することになった。同保安官の所属する保安官事務所は、この時の映像をFacebookに投稿している。クマを車内から逃すべく1人の保安官が後部座席のウィンドウを打ち破り、急いで退避する様子を映した映像だ。

「クマが車内を大破してしまったため、ドアロックを解除できませんでした。窓を破ることがクマを車内から出す最も安全な方法だったので、そうすることにしました。ラーデ保安官が果敢にも窓を打ち破り、この野生動物を外に逃したのです。クマは森の中に逃げていきました」と保安官事務所はコメントしている。

そもそも、どうしてクマが車内に閉じ込められたのかは不明だが、当のクマは外に出ようと必死な様子だった。Facebookのコメント欄には、同地域でこうしたことは割とよくあること、と示唆する声もある。

クマに関しては2017年5月、バージニア州ロアノーク市の自宅敷地内に駐めていたホンダ「パイロット」の中で1頭のツキノワグマがクラクションを鳴らしているのを目撃した男性がいる。そして2016年にはコロラド州で、同じくアウトバックの車内にツキノワグマが閉じ込められた一件があり、その時もインテリアはめちゃくちゃにされていたようだ。

A Placer County Sheriff's deputy had to rescue a bear that trapped itself inside a car recently near Lake Tahoe. The bear got into a Subaru Outback in Carnelian Bay and destroyed the interior so badly that the doors couldn't be unlocked. It was decided the safest way to get the bear out of the car was to break the window. Deputy Lade was brave enough to break the window, allowing the bear to jump out and flee into the forest.

Posted by Placer County Sheriff's Office on Wednesday, June 20, 2018


By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
スバル、マイナーチェンジが施された新型「アウトバック」を発表!

■関連動画