Related Gallery:Fiat 500 Spiaggina Concept

今回ご紹介するのは、近年で最もクールなフィアットのコンセプトカーの1つだ。同社から1958年に発売された「ジョリー」またの名を「スピアジーナ」と呼ばれるクルマの60周年を記念して製作されたこの「スピアジーナ By ガレージ・イタリア」は、可愛らしいバスタブを彷彿とさせるデザインで、床面にはコルクが敷き詰められている。

申し訳程度に付いている退化したフロントガラスが、この「500」にはもともとルーフが備わっていたことを物語る。小さく切り取られたAピラーの三角形の部分は、かろうじて小さなスピーカーを埋め込める高さで、その下にはブルーとホワイトで塗り分けられたダッシュボードがある。構造上の剛性確保と転倒時に搭乗者を保護するために座席の後ろには白いロールフープがそびえ立っているが、おかげでこのクルマがまるでプラスチック製のクーラーボックスのように見えてしまう。

とてもクールなこのクルマは、地中海のビーチをドライブするには最適だろう。身体に残った浜辺の砂を洗い流すためのシャワーまで装備されているのだ。トランスミッションはもちろんマニュアルだが、ベースとなったフィアット 500のシフトレバーはダッシュボードに設置されているので、標準のバケットシートに替えて耐水加工が施された革張りのベンチシートを入れることができた。後部座席は除去され、代わりに開閉式テールゲートを備えたカーゴスペースになっている。ホワイトウォール・タイヤが車輪を強調する効果も絶大で、レトロなデザインのホイールに細いゴムの輪が巻いてあるだけのように見える。


このスピアジーナを造ったガレージ・イタリアは、フィアット創始者の血を引くラポ・エルカン氏の会社だ。籐製シートを持つオリジナルのジョリーはカロッツェリア・ギア社が手掛けていたが、このコンセプトにはピニンファリーナが関わっている。開放感満点のスピアジーナは想像力を拡げた1台限りのショーカーだが、もっと温和しい量産バージョンも発売されることになっている。「スピアジーナ '58」と名付けられた市販モデルは、コンセプトと同じ色のブルー・ヴォラーレで塗られたフィアット「500C」がベースで、フロント・ガラスやルーフ構造はそのまま残され、折り畳み式ソフトトップが備わる。こちらもなかなか素敵なクルマだが、ルーフが切り取られてフロアにコルクが敷かれたコンセプトほどではない。初代の登場年にちなんで限定1,958台が生産される予定だ。




By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Fiat 500 Spiaggina Concept


■関連記事
ぜひ市販化して欲しい! カダフィ大佐がオーダーしたEVの「フィアット500」

【ビデオ】米国の高級デパートが、クリスマス・ギフト用にフィアット「600ジョリー」を思わせるビーチカーを販売

イタリア製品のコラボ! 「フィアット500」の形をした冷蔵庫が発売!