Related Gallery:Toyota Supra Nascar Xfinity Series

トヨタから新型「スープラ」が正式発表される時が近づいている。同社は今年3月のジュネーブ・モーターショーで"スープラ"の名前を復活させたが、これはレース仕様車のコンセプト・モデルだった。将来的にはこんなクルマがGTレースに出場するのかもしれないが、新型スープラが参戦するモータースポーツはそれだけではない。7月7日の「Coke Zero Sugar 400」(NASCARのレース名は愛すべき名前だ)を前に、トヨタは2019年シーズンからNASCAR エクスフィニティ・シリーズに新型スープラが参戦すると発表した。

NASCARに参戦する全ての車両と同様、このスープラも市販モデルと類似する点は僅かだ。レース用に製作されたマシンがスープラの外観を纏っているに過ぎず、実はスープラの市販車よりもフォード「マスタング」シボレー「カマロ」と共有するパーツの方がずっと多い。エクスフィニティ・シリーズの参戦車両は全てパイプフレームのシャシーに5.8リッターV8エンジンを搭載している。

NASCAR仕様のスープラは、トヨタの米国におけるモータースポーツ活動拠点である米国トヨタ・レーシング・デベロップメント(TRD)と、南カリフォルニアにあるCalty Design Research, Inc.が開発とデザインを担当。2019年シーズンの開幕戦となる2月のデイトナビーチでレース・デビューを果たす予定だ。

スープラは「カムリ」と入れ替わる形でエクスフィニティ・シリーズに投入されるが、カムリは引き続きトップ・カテゴリのモンスター・エナジー NASCAR スプリント・カップ・シリーズに参戦する。カムリが2007年にエクスフィニティ・シリーズに参戦してから、トヨタは通算142回の勝利を挙げ、マニュファクチャラーズ・チャンピオンを4回、ドライバーズ・チャンピオンを2回獲得している。

かつてのスープラは、1980〜90年代の様々なレース・シリーズで活躍した。これらのレースには全日本GT選手権(現在のSUPER GT)や、米国のIMSAキャメル GTチャンピオンシップなどが含まれる。また、1995年と1996年にはル・マン24時間レースにも参戦している。今後は新型スープラもこのようなレース・シリーズに出場することを期待したい。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Toyota Supra Nascar Xfinity Series


■関連記事
欧州トヨタ、新型「スープラ」がグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに登場すると予告!

トヨタ、復活する「スープラ」をまずはレース仕様車として公開! FIA LM-GTE規定対応...ということは!?

トヨタのチーフエンジニアが、新型「スープラ」は直列6気筒ターボ・エンジンを搭載し、MTの設定はないと明かす

■関連動画