欧州トヨタ、新型「スープラ」がグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに登場すると予告!
確かにクールなクルマではあったけれど、トヨタが今年のジュネーブ・モーターショーで発表した新型「スープラ」が、市販モデルではなくレース仕様車のコンセプト・モデルだったことで、誰もが少々がっかりしたことは事実だ。しかし、その公道仕様が公開されるまで、それほど長く待たされることはないらしい。今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに新型スープラが登場すると、トヨタ・ヨーロッパがTwitterで予告したのだ。

「トヨタ スープラが帰って来る。A90。グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018にて」

このツイートにはごく僅かな情報しか含まれておらず、カモフラージュ柄のラッピングが施されたスープラの市販モデルと思われる車両の画像が添付されているだけだ。

グッドウッドではこのラッピングが剥がされ、新型トヨタ スープラの姿が解禁になることを、我々は心から願っている。しかし、今年の後半には新型車のデビューに相応しい主要なモーターショーが数多く予定されているので、過剰な期待は持たない方がよさそうだ。フェスティバル・オブ・スピードはクルマが実際に走ってこそのイベントなので、ラッピングされたままだとしても新型スープラが名物ヒルクライムに出走するのを見られる可能性は高い。今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは来週の7月12日から15日に開催される。トヨタの決断を確かめるまで、長く待つ必要はない。


By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
トヨタ、復活する「スープラ」をまずはレース仕様車として公開! FIA LM-GTE規定対応...ということは!?

トヨタのチーフエンジニアが、新型「スープラ」は直列6気筒ターボ・エンジンを搭載し、MTの設定はないと明かす

トヨタの新型「スープラ」は、歴代モデルの伝統から何を受け継ぐのか?

■関連動画