Related Gallery:Renault Kangoo 20ans

ルノー・ジャポン株式会社は7月5日(木)、欧州では"LUDOSPACE (ルドスパス:遊びの空間)"と呼ばれて親しまれ多くのファンを持つ「カングー」に、今年で20周年を迎えたことを記念して製作された200台の限定車「ルノー カングー 20ans(ヴァンタン)」を日本でも販売することを発表した。

車名の「20ans(ヴァンタン)」とは、フランス語で20周年の意味。直球で名づけられた記念すべきモデルで、日本だけではなく、本国でのルノー カングー発売開始から20周年を記念し企画された限定車。


カングーは、遊び心のあるフレンドリーなデザインや使う人の心を躍らせる機能的なユーティリティー、大容量のラゲッジスペース、豊富なアクセサリーなど、様々な工夫が凝らされたパッケージがユーザーからも注目され、幅広いユーザーから人気のモデル。毎年、ルノー・ジャポン主催で開催されているファンイベント「カングー ジャンボリー」も盛り上がりを見せている。今年は1,373台のカングーが参加し、会場の山中湖交流プラザ「きらら」に集まるカングー・オーナーの毎年恒例のお祭りとなっている。

今年でルノー創業120周年、ルノー カングー誕生20周年と記念の年を迎え、ルノー カングー ヴァンタンはルノーカングー誕生20周年を記念して発表された。先のカングー・ジャンボリーに参加している日本のカングー・オーナーのアイデアあふれる使い方や楽しみ方を参考にし、インスピレーションを受けて、専用にデザインされたデカールやファブリックシートのグラフィックも採用されているという。

特別装備として、エクステリアに「ルージュ パボ マイカ」の専用ボディカラー、ボディ同色ドアミラー&サイドプロテクションモール、専用デカール、フロントフォグランプのシルバートリム、専用デザインのホイールカバー、マルチルーフレールを採用。インテリアにも専用ブリリアントブラックセンタークラスター、グラフィックにカングーをデザインした専用ファブリックシート、専用フロントドアトリム、センターコンソールボックスレザー調リッドなど、限定車ならではの装備をパッケージしたモデルとなっている。


右ハンドルの6速AT(EDC)仕様のみで、直列4気筒DOHC1.2リッター直噴ターボエンジン[最高出力84kW(115ps)/4500rpm、最大トルク190Nm(19.4kgm)/1750rpm]を搭載する。ボディ・サイズは全長4,280mm × 全幅1,830mm × 全高1,875mm、ホイールベース2,700mm。燃費消費率はJC08モード(国土交通省審査値)で14.7km/リットル。

購入の申込みは、7月5日(木)から16日(月)の期間で受け付け、申込みが予定販売台数を越えた場合は抽選となる。メーカー希望小売価格(税込)は、265万9000円となっている。

■関連リンク
ルノー・ジャポン 公式サイト
https://www.renault.jp

Related Gallery:Renault Kangoo 20ans