【ビデオ】ポルシェ、ニュルブルクリンクの最速記録更新を祝して新たな映像を公開!
Related Gallery:Porsche 919 Hybrid Evo 'Ring record

ポルシェニュルブルクリンクで達成した史上最速のラップタイム更新について、いまだに大喜びすることをやめようとしない。だが、彼らを責めることはできないだろう。このスポーツカー・メーカーのモータースポーツ部門は、世界耐久選手権(WEC)で優勝したレースカーを改良し、1周20.832kmの北コースを5分19秒546で走り切った。これは従来の記録を52秒と大幅に上回る記録だ。同ブランドの熟練したモータースポーツ部門は、1983年に世界耐久選手権の優勝マシン「956」で記録したタイムを自ら打ち破ることで、その実力を改めて見せつけた。ご存じない方のために言っておくと、ポルシェはニュルブルクリンクのラップタイムにおいて1位から3位まで独占している。

それを考えると、彼らが大喜びするのは無理もない。先日の車載カメラ映像に続き、ポルシェはこの記録達成を祝う新たな動画と一連の画像を公開した。最高出力1,160psの「919ハイブリッドEvo」を代弁するナレーションは、"グリーン・ヘル(緑の地獄)"として知られるこのサーキットに対し、「私はお前にとって最悪の悪夢になる」とその制圧を宣言している。そして実際に新記録を達成したときには、自ら「ニュルブルクリンクの新たな王者」と名乗るのだ。

少なくとも当分の間、これに異を唱えることは難しいだろう。しかし、FIAが"市販車と関連付けるなら何でもアリ"という思想を復活させるハイパーカー・クラスの設立を発表した今、"新たな王者"の誕生まで今度は35年も待たされることはないだろう。



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】ポルシェ、ニュルブルクリンク最速記録を35年ぶりに更新した「919ハイブリッドEvo」のオンボード映像を公開!

■関連動画