「BRIDE」ブランドで知られるブリッドは、7月4日発表の「31st 日刊自動車新聞用品大賞 2018」にて、アフターパーツ向けトラック専用シート「ZAOU(ザオウ)」が、大型車部門賞を受賞したことを発表した。

ブリッドは、37年間、大勢や流行に流されず、自動車レース用シートの基盤を徹底的に追求、年間7,000脚を供給し、国内ではトップ、世界でも五指に入るスポーツシートメーカーなのだ。

ちなみに、「日刊自動車新聞 用品大賞」は、日刊自動車新聞社が主催し、1987年のスタート以来、自動車ユーザーに多彩で充実したカーライフを提案すると共に、自動車用品の販売促進と業界発展に寄与することを目的として毎年選定されている賞だ。


現在、トラック運送業界ではドライバー不足が深刻な問題となっており、長時間運転時の疲労が大きいことも原因の一つと考えられている。

同社は、「BRIDE」ブランドにおいて、サーキット走行のための車両で使用されるモータースポーツ向けシートをはじめとして、様々な使用用途のシートを開発・製造してきたノウハウがあり、そして、これまでに培ったシート造りの技術を活用し、トラックドライバーの疲労低減をめざしたアフターマーケット業界初となるトラック専用シート「ZAOU」を発売したというわけだ。

また、今後はさらに、トラック向けシート事業への本格参入・事業拡大を図り、レース用だけではなく乗用車・船舶や公共施設など広い分野へ進出をはかっていくとのことだ。

シートの特徴は以下の通り
●キャビンへの乗降を妨げないフラット形状の座面
●身体を包みホールドし、一体感のある新開発の背もたれ
●メインは高級感のあるスウェード調生地、センター部分にはキルティング調のステッチ
●乗降の際に擦れやすいサイド部分にはカーボン調のPVCを使用
●左右それぞれに別売のアームレストが装着可能

なお、シート本体の価格は、¥10万8,000(消費税別)となっている。

運転の疲労軽減が事故防止やドライバーの健康改善につながるのは間違いないので、シートが合わないトラックドライバーの救世主となりそうだ。

■関連サイト
ブリッド ZAOU 公式サイト
http://bride-jp.com/seat/zaou/