2018 スーパーGT第4戦が6月30日から7月1日にかけて、チャン・インターナショナル・サーキット(タイ)で開催された。

GT300クラスでは、予選4番手からスタートした11号車 GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信組が今季初優勝を飾った。

今季は第3戦を除いて上位フィニッシュが多かった11号車だったが、第4戦で新型GT-R NISMO GT3に今季初優勝をもたらした。


決勝レースでは、ポールポジションからスタートした65号車 LEON CVSTOS AMGのペースが上がらず、2番手スタートの21号車 Hitotsuyama Audi R8 LMS、3番手スタートの55号車 ARTA BMW M6 GT3に先行を許してしまう。

65号車はタイヤ無交換作戦を取るのかと周囲は警戒するなか、トップの21号車と2位の55号車が3位以下を突き放す走りで周回を重ねていく。


迎えた23周目、トップをゆく21号車のリチャード・ライアンは、GT500クラスのバトルに巻き込まれ、バランスを崩してコースオフした24号車と接触してしまい、そのまま緊急ピットインして給油、タイヤ交換をこなしてコースに復帰しようとした矢先、エアジャッキが下がらないトラブルが発生してしまい、大きくタイムロスして順位を大幅に落として戦線離脱する。

変わって55号車がトップに立つが、29周目にピットインしてコースに復帰する。

しかし翌周に11号車 GAINER TANAX GT-Rがピット作業を済ませると、トップが入れ替わって55号車は2番手に順位を下げてしまう。

更に55号車は、レース終盤の残り3周で、左リアタイアから白煙が上がり、パンクチャによって再度ピットインを余儀なくされ、順位を大きく落としてしまう。

このトラブルによって11号車は逃げ切りに成功し、18年型のGT-R NISMO GT3に今季初優勝をもたらした。


レース後半では、予選14番手からスタートした31号車 TOYOTA PRIUS apr GTが65号車、60号車 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3を次々とパスして上位に進出し、2位チェッカーを受けた。トップ10で唯一のJAF-GTマシンで上位進出を果たした。


3位には、予選16番手の60号車が、グリッドから4つ順位を上げる好スタートを決め、その後も目立つことはなかったものの、前をゆくマシンを次々とパスして表彰台を獲得した。

今季から参戦した18歳の宮田莉朋は、スーパーGT参戦初年度に表彰台を獲得した。

次戦第5戦は8月4-5日(土-日曜)、静岡県・富士スピードウェイで開催され、500マイルの長距離で競われる。