Electric road hybrid truck, Scania G 360 4x2 (Hybrid Truck with Siemens pantograph on the roof) Gävle, Sweden Photo: Tobias Ohls 2016
7月6日金曜日。本日は、2016年にアメリカとオーストリア、ニュージーランドで「ポケモンGO」がスタートした日です。日本では7月22日からになります。2周年となりますが、いまだに人気は衰えず、機能の拡張や世界各地でイベントが行われています。先日筆者も某公園へ行ったところ、スマホ片手にウロウロしている人の姿が大量にいました。やっている人の多さにも驚きましたが、老若男女を問わずやられているのが印象的。地方民はクルマで巡ってプレイしている人が多いかと思いますが、楽しく安全に遊ぶためのガイドラインも公開されているので、ルールやマナーには気をつけましょう。

それでは、本日も過去記事を見ていきましょう。

2017年
数々の世界記録を打ち立てたダッジ「チャレンジャー SRT デーモン」の凄さ
ルノー・ジャポン、新型ルーテシア ルノー・スポールを7月6日発売
日産「GT-R」とスーパーカー並みに速い日産「GT-R ドローン」が対決!

Related Gallery:2018 Dodge Challenger SRT Demon: First Drive

Related Gallery:RENAULT LUTECIA R.S.

Related Gallery:NISSAN GT-R 2017


2016年
極上の1961年型フェラーリ「250GT SWB ベルリネッタ」がオークションに
電動の大型トラックが走りながら充電できる電気道路をスウェーデンが試験中
テスラ「モデルS」のドライバー、オートパイロットで事故死する直前に映画を視聴していた可能性

Related Gallery:1961 Ferrari 250 GT SWB Berlinetta #2917GT

Related Gallery:Scania EHIGHWAY

Related Gallery:Tesla Model S Autopilot Features


2015年
BMW、新開発の「水噴射システム」を搭載した「1シリーズ」プロトタイプを公開
トヨタ、日産、ホンダの3社が国内の水素ステーション整備促進に向けた支援内容を発表
ヴェンチュリがヴォクサンを含め市販車の製造から撤退

Related Gallery:BMW Direct Water Injection Technology

Related Gallery:Hydrogen Fueling Stations

Related Gallery:Venturi Astrolab concept


2014年
あわや大惨事! ラリーカーがコース脇の観客に突っ込む
ポルシェ「ケイマンS」とケータハム「セブン」が、1kmのドラッグレースで対決!
エンジン音だけでも名車! 1972年に最強を誇ったフェラーリ「312PB」

Related Gallery:Porsche Cayman Type 981c

Related Gallery:Caterham Seven 160 and 165


今回気になったのは、2016年の「走りながら充電できる電気道路」の記事。なんか画期的な仕組みなのかなと思って見てみたら、トラックの上に架線が! パンタグラフを備えたトラックが、電力を受給しながら電動で走るという......ってトロリーバスじゃないかと思わず突っ込んでしまいました。もちろん、アスファルトに埋め込むタイプも実験中とのことですが、なんか世の中、昔に逆戻りしていくんじゃないかと思ってしまいました。ちなみにトロリーバスは、黒部ダムの関電トンネルで日本唯一走っていますが、それも今年いっぱい(11月30日)まで。来年から充電式の電気バスに切り替わってしまいます。

もう1つ、2015年の「水噴射システム」の記事。どういうこと? と思いましたが、水を燃焼室に噴射することで、エンジンを冷却させ、燃費の向上やブースト圧が高まるなどいいことずくめだとのこと。レースの世界では利用されてきた技術のようですが、市販車レベルまでコストを下げることで、より環境によいエンジンが生まれることを期待したいですね。

今週末は3週連続開催のF1が、イギリスのシルバーストーンへ場所を移してのレースとなります。先週のオーストリアGPでは気温が高くタイヤ維持に悩まされて、予想外の結果に終わりましたが、今週末はどういう展開を見せるでしょう。それでは、よい週末を!