【噂】ランボルギーニ、近いうちに「テルツォ・ミッレニオ」コンセプトに着想を得た限定ハイパーカーを販売
Related Gallery:Lamborghini Terzo Millennio

ランボルギーニが「セスト・エレメント」「ヴェネーノ」「チェンテナリオ」に続く新たな限定エディションのハイパーカーを準備中という噂が浮上している。昨年のフランクフルト・モーターショーで、同社の研究開発部門の幹部は、オーストラリアの自動車メディア『Car Advice』に対し、「もうじき、私たちは最も大事な顧客に向けて、我が社が"ワンオフ"と呼ぶモデルの新バージョンを発表します」と語った。自動車情報サイト『The Supercar Blog』は、数週間前にイタリアで行われたプライベート・イベントで、ランボルギーニがそのクルマを展示したと伝えている。ある匿名の情報源によると、そのクルマはコードネーム「LB48H」と呼ばれ、2017年に発表された「テルツォ・ミッレニオ」コンセプト(画像)に似ているという。

これら全てが本当だとすると、新たに発表されるモデルはどんなものであるにせよ、本当の意味でワンオフ・モデルにはならないだろう。サンターガタ・ボロニェーゼ(ランボルギーニの本拠)は40台のチェンテナリオ、4台のヴェネーノ、そして20台のセスト・エレメントを製造していることを思い出して欲しい。最近販売された本当のワンオフは、2012年の「アヴェンタドール J」のみだ。

『The Supercar Blog』によると、ランボルギーニはこの最新のスペシャル・モデルを63台製造する予定だという。我々はランボルギーニ全車種の生産台数をチェックしてみたが、過去にちょうど63台が製造されたモデルはなかった。しかし、ランボルギーニが最初のモデル「350GTV」を発表したのは1963年のこと。チェンテナリオが、創業者フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念したのと同様に、LB48Hは同社の2度目のミレニアムの始まりを祝うモデルなのかもしれない。これは、テルツォ・ミッレニオ(「3番目のミレニアム」の意)にインスピレーションを受けたことにも自然につながる。

そのネーミングやInstagramに投稿された画像は疑惑を強める。ランボルギーニは既に「アヴェンタドール」の後継車を2020年に、「ウラカン」の後継車を2022年に発表する予定を明らかにしており、それらにはハイブリッド・パワーを備えた自然吸気エンジンを搭載すると語っている。そして英数字から成るランボルギーニの車名は、そのクルマの特徴を表すことで知られている。2014年に公開されたハイブリッドの「アステリオン LPI910-4」コンセプトは、"LP"が現行生産モデルと同じく「longintudinale posteriore(後方縦置き)」を意味し、"I"はイタリア語で「Ibrido(ハイブリッド)」のこと、"910"は最高出力を表している。LB48Hでは、"L"は周知の通りランボルギーニ、"H"はハイブリッドのことだと思われる。それでは、"B"と"48"は何を表すのだろうか?

6月18日、ポルトガル・リスボンにあるランボルギーニ販売店の代表と思われるミゲル・コスタという人物が、Instagramに「我々はこのクルマを可能にした! もうすぐだ!」というコメントと共に画像を投稿した。そこには"#masterpiece、#lamborghini、#lamborghinilisboa、#lb48h"というハッシュタグが付けられていた。だが、#masterpieceと#lb48hというハッシュタグはすぐに投稿から削除されている。自動車情報サイト『Jalopnik』がランボルギーニにこの件について問い合わせたところ、同社は「私たちはこの投稿を承認していません」と答えたという。

このイタリアの自動車メーカーは、こうした特別なクルマを利用して、将来のラインナップに採用される新しいデザインや技術的な要素をプレビューすることがある。例えば、チェンテナリオでは「アヴェンタドール S」に採用された後輪操舵を先行して搭載した。問題のLB48Hと(現時点で)呼ばれるクルマは、3億円前後の価格が付けられ、今年の終わり頃に生産開始、納車は来年の後半になるとみられている。その見込み客向け内覧会は今後、ニューヨークと東京で予定されているという情報も耳にした。おそらく、一般公開される時には、既に限定生産数が全て完売になっていることだろう。


By JONATHON RAMSEY
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Lamborghini Terzo Millennio


■関連記事
ランボルギーニ、将来の方向性を示す電動スーパーカーのコンセプト「テルツォ・ミッレニオ」を発表!

ランボルギーニ、東京で「チェンテナリオ」を公開! 三菱レイヨンとの提携も発表

【ビデオ&フォト】ランボルギーニ、創立50周年記念の限定生産スーパーカー「Veneno」を公開!

■関連動画