ダッジ、「デーモン」のエンジンを受け継ぐ「チャレンジャー SRT ヘルキャット レッドアイ」を発表!
Related Gallery:2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye and Hellcat Widebody

ダッジの「チャレンジャー SRT デーモン」は先日、予定されていた3,300台の生産を終了した。しかし、その遺伝子は継承されるようだ。同社は2019年モデルとして、デーモンよりパフォーマンスは劣るものの、そのエンジンを引き継いだ新型ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット レッドアイ」を発表した。さらに、同時にマイナーチェンジを受けた「チャレンジャー SRT ヘルキャット」と、新たに設定された「チャレンジャー R/T スキャット パック ワイドボディ」も、2019年モデルの「チャージャー SRT ヘルキャット」と同様、デーモンの長所を部分的に受け継いでいる。


ヘルキャット レッドアイは、デーモンの独特なエキゾースト音を発するスーパーチャージャー付き6.2リッター「ヘミ デーモン」V8エンジンを搭載する。最高出力797hp、最大トルク97.7kgmと、限定生産のデーモンには及ばないものの、ダッジはこれを「最もパワフルな量産V8エンジン」で「最速の量産マッスルカー」と紹介。0-60mph(約96.6km/h)を3.4秒で加速し、クォーターマイル(約402m)は10.8秒で加速して131mph(約210km/h)に到達、そして最高速度は203mph(約326.7km/h)に達するという。ダッジは、レッドアイのパフォーマンスを「最高レベル」と言っているが、それはもちろん、840hpのデーモンが生産を終えたからだ。

このヘルキャット レッドアイのパワープラントは、25もの主要なコンポートネントにアップグレードが施されているという。その中には、2.4リッターから2.7リッターに大型化した市販品最大のスーパーチャージャー、11.6psiから14.5psiに増大したブースト圧、強度を増したコネクティングロッドとピストン、ハイスピード・バルブトレイン、大容量の燃料噴射システム、そして改善されたオイル潤滑システムなどが含まれる。さらに燃料ポンプを1基から2基に増やし、最大許容回転数は6,200rpmから6,500rpmに引き上げられた。このエンジンには、トルクコンバーターが強化された8速オートマチック「トルクフライト」8HP90型トランスミッションが組み合わされる。


ダッジによれば、理論的には、もし減速することなしにフルスロットルで運転を続けると、このヘミ・エンジンは、1分間で5.4リッターの燃料を消費し、11分以内に燃料タンクを空にしてしまうという。だが、EPAによる燃費は、高速道路で22mpg(約9.35km/L)となっている。

レッドアイには、発進加速前にブーストを高める「トルク・リザーブ・ローンチ・システム」や、エアコンを吸気の冷却に利用するシステムが搭載されている。これらの機能もデーモンで採用されたものだ。さらに、もし標準の2.62:1のファイナルレシオで物足りないなら、ダッジは3.09:1のリア・アクスルも提供する。

また、ヘルキャット レッドアイには、デーモンや「ヘルキャット ワイドボディ」と同じ幅広いフェンダー・フレアが装着される。これだけのパワーを発揮するクルマには可能な限り太いタイヤが必要だと感じるはずだから、この仕様は驚くことではない。


そして、"赤目"ではない標準の「チャレンジャー SRT ヘルキャット」は、最高出力が10hp向上して717hpとなった。最大トルクも少しだけアップし90.5kgmに。こちらは6速マニュアル・トランスミッションが標準だが、8速オートマチックもオプションで選べる。

両ヘルキャット・モデルには、新しいデュアル・スクープ付きのボンネットが採用された。1970年代に活躍した数々のダッジのマッスルカーを思い起こさせるというだけでなく、これによるボンネットからのエアフローだけで、ダッジによればエンジンの温度が約2.2℃ほど下がるという。従来通り、ヘッドライト・ベゼルを含む他の場所からのエアフローも確保されている。


ヘルキャット レッドアイとヘルキャットは、ダッジの言う「邪悪な赤い宝石のような目」が組み込まれた新しいヘルキャットのロゴで見分けられる。これはフロント・フェンダーに装着されているほか、スーパーチャージャーのハウジングにもこのロゴのダイキャスト製バッジが付けられている。


Related Gallery:2019 Dodge Challenger R/T Scat Pack

ダッジはまた、ヘルキャット ワイドボディと同じフェンダーフレアを採用した「チャレンジャー R/T スキャット パック ワイドボディ」も発表した。全幅が3.5インチ(約8.9cm)拡げられ、20x11インチ(約51x28cm)の「デビルズ・リム」鍛造アルミホイールとピレリ製305/35ZR20タイヤが収まる。このワイドなタイヤとホイール、6ピストンのブレンボ製大型フロント・ブレーキ、サスペンションのアップグレードにより、スキャット パック ワイドボディは全長2.1マイル(約3.4km)のロードコースを、非ワイドボディのスキャット パックよりも2秒速く走れるという。

また、全ての「R/T スキャット パック」モデルには、従来型ヘルキャットから受け継がれたパワーバルジ付きアルミ製ボンネットが採用された。

そして、「チャレンジャー R/T」と「チャレンジャー GT RWD」モデルは、パドル・シフターや「ハンズトゥース(格子柄)」クロス張りのパフォーマンス・シート、パフォーマンス・サスペンションが標準で装備されるほか、オプションで「パフォーマンス・ハンドリング・グループ」と呼ばれるシャシーのアップグレード・パッケージも追加できる。

2019年型チャレンジャーのラインアップは、今年の秋からカナダのオンタリオ州で生産が開始され、ディーラーに並ぶのは来年1月以降になる見込みだ。





By GREG RASA
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye and Hellcat Widebody

Related Gallery:2019 Dodge Challenger R/T Scat Pack


■関連記事
ダッジ、2019年モデルの「チャージャー」を発表! 「ヘルキャット」は「デーモン」の機能を得てアップグレード

【ビデオ】ダッジ「 チャレンジャー SRT デーモン」の生産を終了! 最後の1台の製造過程を映像で公開

有料道路を258km/hで飛ばしていたダッジ「チャレンジャー ヘルキャット」が捕まる