無用ながらくたを愛車のシートの足元に置いているなら、今すぐに全て片付けよう。いくら小さな物でも、必要のない物が溜まっていくことが、ご覧いただいている写真のような状況への一歩になる。これは、ドライバーがきちんと整理できなくなり、ごちゃごちゃと物で溢れかえったホンダ「CR-V」だ。

英国サリー州警察の警察官が、ふらふらと運転していたクルマを停めた。高齢のドライバーが、眼鏡の着用が義務付けられていたにも拘らず、それを掛けていなかったことも停められた理由の1つだが、車内に運転の妨げになるほどガラクタが散乱していたこともその理由だった。同警察がツイートした画像には、車内に詰め込まれたテニスラケット、はかり、三脚、フォルダー、バッグ、スケートボードといった物が写っているが、ペダルやシフトレバーが見えないのだ。

「M25モーターウェイ、ライギット、8番ジャンクションで、ふらふら運転の通報がありました。クルマを発見して停めました。年を召したドライバーが着用すべき眼鏡付けていなかった上、車内が、なんというか、非常に乱雑な状態だったので...」サリー警察 交通課

愛車の中が少々散らかってしまうことは、誰しもたまにあることだが、車内の掃除を先延ばしにしているなら、きっとこれが良いモチベーションなるのではないだろうか。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】恐ろしい飲酒運転の一部始終を捉えていたドライブ・レコーダーの映像!

■関連動画