ダイハツは、小型乗用車「ブーン」の上級グレード「ブーン シルク」に、新たなメーカー・オプションとして「D-tune edition(ディー・チューン・エディション)」を追加設定し、7月2日から全国一斉発売した。

2016年4月に3世代目にモデルチェンジしたダイハツ ブーンは、同社が軽自動車で培ったノウハウを活かして開発した小型車。軽自動車より一回り大きな5ドア・ハッチバックのボディに、1.0リッター直列3気筒エンジンを搭載する。トヨタ「パッソ」としてOEMとしても知られている。

2017年10月には、エアロパーツやステッカーでスポーティなイメージに仕立てることができる「スポルザ リミテッドパッケージ」(画像)が設定されたが、今回のD-tune editionは、エクステリアのドレスアップだけでなく、スポーティな走行性能を求める顧客の声に応えたもので、具体的にはCVTのファイナルギヤを約20%ローギア化し、街乗り速度域での加速性能を向上させるというチューニングが施される。これによって0-40km/hの発進加速は約8%、40-80km/hの加速は約10%短縮されるという。

価格はオープン価格。お問い合わせは、お近くのダイハツ販売会社またはダイハツ工業株式会社お客様コールセンター(Tel 0800-500-0182)へ。また、このオプションは型式指定からの変更となるため、持ち込み検査による新規登録が必要になる。


■関連サイト
ダイハツ工業 公式サイト:ブーン
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/index.htm