【ビデオ】ポルシェ、ニュルブルクリンク最速記録を35年ぶりに更新した「919ハイブリッドEvo」のオンボード映像を公開!
Related Gallery:Porsche 919 Hybrid Evo, Nürburgring-Nordschleife

6月29日、ニュルブルクリンク北コース最速ラップ・タイムが、5分19秒55という驚異的な記録で塗り替えられた。この偉業達成に使用されたマシンは、ル・マン24時間レースで3年連続優勝を果たしたポルシェの耐久レーサーをベースとする「919ハイブリッドEvo」だ。

この新たに達成されたタイムは、1983年5月にF1ドライバーの故ステファン・ベロフがポルシェのグループCカー「956」で記録したこれまでの最速ラップ・タイム、6分11秒13を1分近くも短縮したことになる。ベロフと956のタイムは35年間、いかなるクルマにも破られなかった。今回の挑戦でドライバーを務めたのは、過去に二度もル・マン24時間レースで総合優勝を果たし、昨年のFIA世界耐久選手権(WEC)ではポルシェと共にドライバー・タイトルを獲得したティモ・ベルンハルト。自身のレコード・ランを走り終えた後、ベルンハルトは心温まるメッセージの中で、ベロフに対して敬意を表している。

「今日このラップを経験して、ステファン・ベロフや彼が35年前にニュルブルクリンク北コースで成し遂げたことに対する尊敬の念が一層高まった」

1周20.832kmのコースで、919ハイブリッドEvoが記録した平均速度は233.8km/h。有名なロング・ストレートのDöttinger Höhe(ドッティンガー・ホーへ)における最高速度は369.4 km/h に達し、Fuchsröhre(フクスルーレ)のセクションでは330km/hを超えている。ポルシェは今回の走行で撮影されたオンボード映像を公開したが、まるで既に速いニュルブルクリンクのラップをさらに早回ししたかのような動画は必見だ。

ポルシェの記録を超えたのは、やはりポルシェだった。今回の記録がまた35年間も持ち堪えるとは思えないが、これを打ち破るのは難しいだろう。



By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Porsche 919 Hybrid Evo, Nürburgring-Nordschleife


■関連記事
レース規定から解き放たれたポルシェ「919ハイブリッドEvo」が、スパでF1マシンよりも速いラップタイムを記録!

eBayに出品されたポルシェ「919ハイブリッド」の実物大模型が約1,300万円で落札!

【ビデオ】ポルシェの新型「911 GT2 RS」、ニュルブルクリンクで量産車最速タイムを更新!

■関連動画