米国防高等研究計画局(DARPA)があらゆる地形を自動車のように走破できる技術を開発しました。それは基本的には自動車のタイヤとして機能しつつ、わずか2秒ほどでタイヤからキャタピラへと変形する、まるで往年のロボットアニメに登場しそうな変形メカニズムを備えます。しかもタイヤからキャタピラへ、またはキャタピラからタイヤへの変形プロセスにおいて、マシンは停止する必要がなく、走行中の変形が可能。ただ単にキャタピラ機構が丸いタイヤ型に変形するのではなく、きちんとタイヤのときはホイールも回転して高速走行を実現しているのも重要なポイントと言えるでしょう。

この技術はReconfigurable Wheel-Track(RWT)と名付けられており、ホイールハブの部分にモーターが仕込まれています。したがって走行中の変形ではまずホイールを停止すると同時に駆動方式を切り替え、そこから形状をおにぎり型に変形させることで、タイヤからキャタピラにトランスフォームするメカニズムになっています。いうまでもなく、キャタピラはタイヤに比べて接地面積が拡大するため、起伏の激しい地形などで効力を発揮します。

さらに道なき道を走行する場合のために、可動域が非常に大きいMulti-mode Extreme Travel サスペンションを搭載。かなり大きな車体にもかかわらず、起伏の激しい地形の走行時でもキャビンを可能な限り水平に保ちます。

なお、この特殊な車両を操縦するドライバーには、カメラ映像とLiDARシステムからの情報、あらかじめ定めた走行ルートを組み合わせてAR表示する3Dゴーグルが用意され、道なき道を行かなければならない場合も迅速かつ安全な移動が可能とのこと。



DARPAはこの技術を開発するGround X-Vehicle Technologies Programがまだ開発フェーズの真っ只中であるとしており、これがすぐに実用化され戦場に投入されるわけではないとしています。もちろん軍用以外にも有効に利用できる可能性が高い技術であり、たとえば何らかの大規模災害時の捜索や救助用、さらに土地開発などの現場用に道路でない場所の移動用に用いることができそうです。

あらゆる地形を走破するための機構としては足回りを多脚ロボット化するという発想もあるものの、人が乗っての高速移動を含めた現実的かつ最適な解としては、こうしたタイヤとキャタピラの組み合わせの方が効果は高そうです。ただ、このRWTの弱点は、ゴム製のクローラー(キャタピラ部分)が切れてしまうと走行できなくなるところ。また複雑な機構は故障したりメンテナンス性への心配も出てくるかもしれません。

民間ではタイヤに装着するソリ形式のキャタピラを開発しているところもあり、コストなども含めて自動車の走破性を高める技術としてどの技術・方式が発展するのかは、まだまだこれからの開発しだいなのが現状と言えそうです。


By Munenori Taniguchi

※こちらの記事は『Engadget 日本版』より許可を得て掲載したものです。