Related Gallery:2018 JAGUAR LAND ROVER STUDIO Press Conference

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUV「レンジローバー」とプレミアム・スポーツSUV 「レンジローバー スポーツ」のラインアップにプラグイン・ハイブリッド(PHEV)モデルを追加し、2018年6月27日より、予約受注を開始することを発表した。

今回、ランドローバーに初めて導入されたPHEVシステムは、INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力212kW/300PS)と高出力のモーター(最高出力85kW/116PS)を併用するパラレル・ハイブリッドだ。


INGENIUMエンジンとモーターの両方を合わせた最高出力は297kW/404PS、最大トルクは640Nmを発揮し、0-100km/h加速はレンジローバーで6.8秒、レンジローバースポーツで6.7秒を記録、最高速度はそれぞれ220km/hに達するとのことだ。

同時に、NEDC(New European Driving Cycle:新欧州ドライビング・サイクル)における燃費は両モデルともに2.8L/100km、CO2の排出量は64g/kmに低減し、パフォーマンスと高い効率性を兼ね備えている。


走行モードは、状況に合わせて、パラレル・ハイブリッド・モードとEVモードから選択できる。

パラレル・ハイブリッド・モードには、バッテリーの充電レベルが設定値以下にならないように走行する「セーブ機能」、ナビゲーション・システムに目的地を入れルート設定すると、目的地までの高低差のデータを活用しモーターとガソリン・エンジンを最適に切り替えて、エネルギー効率を高める「エネルギー最適化予測(PEO: Predictive Energy Optimization)機能」を備え、安心して効率よく走行することが出来る。

このPEOは、ナビゲーションに入っている高低差のデータを利用して最適化予測が行われるが、そのロジックの詳細は日本サイドには伝えられていないとのことだ。

ただ、イメージとしては、上り坂の後に下り坂がある場合、その先の下り坂での回生エネルギーを無駄にしないよう、あらかじめ上り坂で積極的にモーターを使うことで、下り坂でバッテリーが満タンのために回生エネルギーを捨てるようなことのないように制御されているのではないかとのことだ。


そして、モーターのみで走行し、ゼロ・エミッションを実現するEVモードでは、ラインアップのなかでも最高レベルの静粛性を確保しており、航続距離は最長51km(フル充電された状態での走行)となっている。

さらに、車両が充電中であれば、エアコン時の電力をケーブルから供給することで、車両側のバッテリーを消費することなく車内の冷暖房機能を起動でき、車内に乗り込む前に快適な空間を用意することもできる機能も備えている。


充電ポイントは洗練されたデザインを損なわないよう、フロントグリルに配置されており、リッドが閉まっている際は充電口があることが分からないくらいフィットしている。

充電は200Vの普通充電に対応しており、車両付属のケーブルを使用し家庭で、公共施設や商業施設の充電ケーブルでも普通充電することが可能だ。

日本ではチャデモの急速充電が普及しているが、今回のモデルでは対応していない。そこで急速充電対応の予定を伺ったところ、明確なロードマップは現時点ではないとのことであった。

ただ、イギリス本国では、ゼロエミッション車ではないとシティに入れないということもあり、通常はハイブリッド車として使うが、シティに入る際はEVで走行するという使い方をしているため、家庭での普通充電で充分とのことだ。なお、バッテリーが空の状態から満充電するためには4〜5時間程度とのこと。


車内には車内WiFiが装備されて、スマートフォンとの連携も可能だ。

標準装備のスマートフォン向けアプリ「リモート」を活用することで、充電量と車両のステータス(充電率、充電時間、予測航続距離、ドアの施錠・解錠など)が確認ができる。また、充電の開始と終了を遠隔操作 ・エアコンを起動し、事前に車内温度の調整することもできるので、霜が降りている冬期や暑い夏期に重宝しそうだ。

レンジローバーと言えば、SUVとしての走破性が素晴らしいイメージが強いが、最新の先進装備や環境性能も備えたハイクラスのクルマを探している読者にもおススメで出来そうだ。

ラインナップ

レンジローバー(PHEV)
VOGUE(PHEV)5,080,000円
AUTOBIOGRAPHY(PHEV)17,800,000円
VOGUE LONG WHEELBASE(PHEV)15,730,000円
AUTOBIOGRAPHY LONG WHEELBASE(PHEV)18,360,000円
SVAutobiography(PHEV)28,660,000円

レンジローバースポーツ(PHEV)
HSE(PHEV)11,850,000円
HSE DYNAMIC(PHEV)12,420,000円
AUTOBIOGRAPHY DYNAMIC(PHEV)13,150,000円

■関連サイト
ランドローバー公式サイト
http://www.landrover.co.jp

Related Gallery:2018 Range Rover Sport PHEV

Related Gallery:2018 Range RoverPHEV & Range Rover Sport PHEV


レンジローバー スポーツ | ドラゴンチャレンジ