「メルセデスAMG C 43」の後継か!? ダイムラーが「C 53」の国際商標登録を申請
ダイムラーが世界知的所有権機関に「C 53」という名称の 国際商標登録を申請したと自動車メディア『AutoGuide』が伝えた。これはメルセデスAMGが近々そのような名称の新モデルを発表するのではないかという憶測につながる。しかし、疑問なのは、これが「メルセデスAMG C 43」と「メルセデスAMG C 63」の間に位置するモデルになるのか、それとも「C 43」の後継になるのかということだ。

価格や出力という面から見れば、"C"のラインアップには空きがある。日本では最高出力367ps(欧州や米国では390psに向上済み)、最大トルク520NmのメルセデスAMG C 43 4MATICセダンが886万円。そして最高出力476ps、最大トルク650NmのメルセデスAMG C 63セダンは1,224万円という価格が付けられている。その間に「C 53」が設けられてもそれほど不自然ではない。

一方、上位モデルである「Eクラス」は、既に欧州や米国では「メルセデスAMG E 43」の後継として「メルセデスAMG E 53」が登場している。そのパワーユニットは、E 43の3.0リッターV型6気筒ツインターボから、E 53では新世代エンジンの3.0リッター直列6気筒に48ボルト電装系と「EQブースト」と呼ばれるスターター/オルタネーターを組み合わせたいわゆるマイルド・ハイブリッドに替わった。エンジン単体では最高出力435ps、最大トルク520Nmとなっている。我々の期待通り、もし新たなC 53にこのパワーユニットが搭載されることになったら、43や63と同様、CではEより若干デチューンされるだろう。

43から53に車名とパワーユニットが変わっても、外観上の変更点は僅かだと思われる。トランクリッドのバッジのほかには、グリルやテールパイプなどのクローム・アクセントで見分けをつけることになるだろう。


By JONATHON RAMSEY
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【北米国際オートショー2018】直列6気筒ターボと48V電装システムを搭載したメルセデスAMG「53」シリーズが登場!

■関連動画