予想落札価格は50億円! 1962年製フェラーリ「250 GTO」がオークションに
Related Gallery:1962 Ferrari 250 GTO auction

1963年製フェラーリ250 GTO」が驚愕の7,000万ドル(約77億円)という金額で個人間の取引により売却されたのは記憶に新しいところだが、同じモデルが近々オークションに登場することが分かった。来たる8月末に米国カリフォルニア州モントレーで開催するRMサザビーズのオークションには、1962年製の250 GTOが出品される予定で、予想落札価格は2014年にボナムズのオークションで自動車としては史上最高額を記録した3,800ドルを上回る、4,500万ドル(約50億円)を超えるとされている。1962年から1964年の間に製造されたオリジナルの250 GTOは、全39台がどれも現存しており、その全てに途轍もない価値が付けられているのだ。

今回売りに出されるシャシーナンバー「3413GT」の250 GTOは、その3番目に製造された車両で、米国人レーシング・ドライバーのフィル・ヒルが1962年のタルガ・フローリオでテストカーとしてドライブした。その後、最初のオーナーであるイタリア人のエドアルド・ルアルディ・ガバルディ氏に売却された。フェラーリの有力プライベーターであるガバルディ氏は、このGTOでイタリアGT選手権をはじめとする10戦のレースに出場し、9回の勝利を挙げた(優勝を逃したレースは2位だった)。後に宝飾店のブルガリで有名なジャンニ・ブルガリ氏の手に渡り、その後も1963年から1964年の間に全部で20のレースに参戦したが、一度もクラッシュしたことはなく、リタイアしたことさえなかったという。レースカーとしては珍しいことに、エンジンやギアボックスは一度も交換されなかったが、1964年にカロッツェリア・スカリエッティによってシリーズII仕様のボディに取り換えられている。

2000年に700万ドル(現在のレートで約7.7億円)という高額で売却された後の今日までも、その姿を車庫に潜めることなく、多くのクラシック・イベントやビンテージ・レースに登場してきた。RMサザビーズによると「非常にオリジナルに近い状態」でメインテナンスが行き届いており、今回のオークションでどんな値をつけるか注目されている。自動車オークション史上最高額が更新されることは、ほぼ間違いないだろう。



By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:1962 Ferrari 250 GTO auction


■関連記事
1963年製フェラーリ「250GTO」、自動車の取引額では史上最高となる約77億500万円で売買される!

フェラーリの希少なレーシングカー「250GTO」が自動車オークション史上最高額の39億円で落札!

【レポート】フェラーリ「250GTO」が、自動車史上世界最高額となる50億6800万円で売買!

■関連動画