事故を起こしたトラックの荷台が破損し、高速道路にヨーグルトが散乱!
カナダのグレーター・トロント・エリアを横断するハイウェイ401号線は、カナダを含む北米で最も交通量が多く、混雑するハイウェイの1つだ。そんな主要道路で、4車線にわたってヨーグルトがぶちまけられたら、どんなことになるか想像はつくだろう。もし想像できないなら、スカボローの東部郊外を通り、トロントに向かって西に伸びる401号線で、22日(現地時間)の早朝に実際に起きた事故のニュース映像をご覧いただきたい。

6月22日午前4時30分頃、荷台にヨーグルトを満載した冷蔵トレーラーが、電光掲示板に衝突した。それによりトレーラーの右側面がめくれてしまい、美味しそうなヨーグルトが4車線にまき散らされた。オンタリオ州警察(OPP)のケリー・シュミット巡査部長によると、それは「滑りやすく、ひどい状態」だったという。散乱したヨーグルトには、いろいろな種類の味のヨーグルトが含まれているようで、女優ジェミー・リー・カーティスがCMに出ているような一般的なギリシャヨーグルトよりも、特にYOGO社の種類が多かったようだ。

CityTV Newsが伝える「広範囲に散乱する乳製品」と題した下の動画でご覧いただける。


運転していた25歳のドライバーには不注意運転の嫌疑がかけられている。

OPPが正午には通行止めの車線を解除すると言っていたとおり、Googleマップをざっと確認したところ、確かに午後2時を過ぎた時点では交通は流れていた。そう、ヨーグルトのようになめらかに。もちろん、401号線には、硬化コンクリートのように流れが悪い場所もあるが、少なくともそれは道路にまかれた乳製品のせいではないだろう。


By JAMES RISWICK
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画
「ヨーグルトを食べる猫」