ダイハツから、シンプルなデザインで安心して乗れる新型軽乗用車「ミラ トコット」が登場
Related Gallery:Daihatsu Mira Tocot

ダイハツから、また新しい軽乗用車「ミラ トコット」が発売されました。コンセプトは「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」。無理せず、自然に、楽に乗れるという意味らしいです。ちなみに車名の「トコット」とは聞き慣れない言葉ですが、ダイハツによれば「新型車の特長である"TO Chatacter(自分らしさの表現)"、"TO Comfortableness (安全・安心、運転しやすさ)"、"TO Convenience(使いやすさ)"の頭文字(TOC)から着想を得た造語」だとか。


開発時に想定したメイン・ターゲットは、自然体でいることやシンプルなものを好む近年の「若年女性」だそうですが、特徴的なスクェアなエクステリアは運転席からフードの先端が見やすく車両感覚が掴みやすいように、また水平なベルトラインでバックの際にも後方が見やすいようにと意図してデザインされたもの。単なる可愛らしさを狙ったわけではなく機能性に基づいているためか、若年女性とは真逆の中年男性の目から見てもなかなか魅力的。少なくとも先代にあたる「ミラ ココア」よりも抵抗なく乗れそうです。この造形に合わせ、ボディ・カラーはセラミックグリーンメタリックをはじめ、新たに3つの新色が開発されました。


四角いボディに組み合わされた"丸目"には「Bi-Angle LEDヘッドランプ」が全車標準装備。これをベースに「ジーノ」が復活したら面白いかもと思ったのは、きっと筆者だけではないはず。鼻先にダイハツのエンブレムが見当たりませんが、実は最近の同社のクルマには珍しいことではありません。ルーフやフロント・バンパーには、シボとプリントを組み合わせることで布のような質感を実現したキャンバス地調のデザインフィルムトップ(Dラッピング)を貼り、さらに個性を打ち出すこともできます。


全長3,395mm、全幅1,475mmは現代の軽自動車規格に合わせたものですが、全高1,530mm(4輪駆動車は1,540mm)は「ミラ イース」より30mm高い。その分、室内も頭上にゆとりを感じられ、運転席シートリフター(残念ながら最廉価グレードには装備されず)で目線を高めに調整しても、髪が天井に触れるのを避けられそうです。


ベージュや白を組み合わせたインテリアも外観同様、ミラ イースよりやさしい雰囲気。シートの背もたれよりも座面に濃い茶色を用いた理由は、乗り降りによる汚れが目立ちにくいようにとの配慮。デジタル・メーターのミラ イースに対し、こちらは丸型の単眼アナログ・メーターが採用されています。


運転免許を取ったばかりの若い人たちも安心して乗れるように、ミラ トコットは安全機能も充実。世界最小のステレオカメラを使った衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」装備車には、車線からはみ出しそうになると警告する車線逸脱警報機能、ヘッドライトを自動的にハイビームとロービームに切り替えるオートハイビームなども含まれます。前方の誤発進抑制制御機能用ソナーセンサーは従来より2個追加されました。さらに軽自動車で初めてパノラマモニターとコーナーセンサーをダブルで設定し、狭い道でのすれ違いを視覚と聴覚面からサポートします。そして、もしもの時に役立つSRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)とSRSカーテンシールドエアバッグ(前/後席)を軽自動車で初めて全グレードに標準装備しました。


エンジンはお馴染みの自然吸気658cc直列3気筒12バルブDOHC「KF」型をフロントに横置き。最高出力52ps/6,800rpm、最大トルク60Nm/5,200rpmは、いずれもミラ イースを上回るスペックです。ただし車両重量は50kg以上増えており、JC08モード燃費も29.8km/L(前輪駆動)と、ミラ イースの35.2km/Lにはおよびません。トランスミッションはCVTのみ。前輪駆動と4輪駆動から選べます。


価格は「スマートアシストⅢ」を装備しない「L」の前輪駆動なら107万4,600円で買えますが、"スマアシ"付きは「L "SAⅢ"」が113万9,400円から、最上級グレード「G "SAⅢ"」4輪駆動の142万5,600円まで(いずれも消費税込み)。ミラ イースよりやや高めの設定です。ボディ・カラーは全8色。前述のデザインフィルムトップはそのうち4色と組み合わせることができます。そのほか、ミラ トコットには内外装のアクセサリーをセットにした3種類の「アナザースタイルパッケージ」が用意されており、中にはちょっとレーシィなストライプを入れたボーイズ・レーサー風もあり、(あわよくば)若年女性以外にもアピールしたいとの狙いが窺えます。

現行型ミラ イースの角張ったラインが馴染めなかった人には、嬉しい選択肢が増えたということになるでしょう。ちなみに"イース"も"トコット"も付かないオリジナル(?)の「ミラ」は、今年2月に生産を終了しています。


■関連リンク
ダイハツ 公式サイト:ミラ トコット
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/index.htm

Related Gallery:Daihatsu Mira Tocot