フォルクスワーゲン、ソルトフラッツでクラス最速記録に挑戦する「ボンネビル・ジェッタ」を発表!
Related Gallery:Volkswagen Bonneville Jetta

最近話題になっているフォルクスワーゲン(VW)のクルマと言えば、電動レースカーの「I.D. R Pikes Peak」だ。しかし、パイクスピークで公開されたVWのスペシャルなマシンは、最高出力680hpで山道を駆け上るヒルクライム・レーサーだけではなかった。VWはさらにコロラド・スプリングスで開催されたパイクスピーク・ファン・フェストで、特別にチューニングされた「ジェッタ」を発表した。

ベンチュラにあるスピードショップ「THRマニュファクチュアリング」が手掛けたこの「ボンネビル・ジェッタ」は、あの有名なボンネビル・ソルトフラッツでBGC/Gクラス最速記録に挑戦するために製作された。新型ジェッタをベースに、カスタム・カラーリングが施されたボンネットの下には、VWの「EA888」型2.0リッター直列4気筒直噴ガソリン・ターボ・エンジンを改造して搭載。ただし最高出力の数値は明らかにされていない。さらにこのジェッタには、車高を落としたサスペンションに、ソルトフラッツ規定のホイールとタイヤ、トラクションを有効に使うためのリミテッド・スリップ・ディファレンシャル、そして減速用のパラシュートが2つ装備されている。ボディのワイルドなグラフィックは、VWの南カリフォルニア・デザイン・センターが手掛けたものだ。軽量化のためにトリムや装備が取り外されたインテリアには、代わって頑丈そうなロールケージが張り巡らされている。ソルトフラッツで万が一横転した際にドライバーの安全を確保するためだ。

現在のBGC/Gクラス最速記録は208.472 mph(約335.5km/h)。VWはジェッタのCd値(空気抵抗係数)0.27を活かして、これを打ち破りたいと考えている。その挑戦が行われる今年のボンネビル・スピード・ウィークは、8月11日から17日に予定されている。


そしてボンネビル・ジェッタが作られた理由の1つは、「ジェッタ GLI」と呼ばれる高性能バージョンが準備中だからだ。現在米国で販売中の新型ジェッタに用意されているエンジンは、最高出力147hpと最大トルク249Nmを発生する1.4リッター直列4気筒直噴ガソリン・ターボのみだが、今後発売されるジェッタ GLIには「ゴルフ GTI」と同等の2.0リッター直列4気筒直噴ガソリン・ターボが搭載される見込みだ。VW北米地域CEOのHinrich J. Woebcken氏は、「このジェッタでボンネビルの最速記録に挑戦することで、ジェッタのスポーティな資質を証明し、皆さんに現在開発中のパフォーマンスをさらに高めた新型ジェッタGLIを楽しみにしていただきたいのです」と語っている。


By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Volkswagen Bonneville Jetta


■関連記事
【北米国際オートショー2018】フォルクスワーゲン、先代より大きくソフトになった新型「ジェッタ」を発表!

【ビデオ】フォルクスワーゲンの新型「ジェッタ」を、1980年に登場した初代モデルと比較!

【字幕付きビデオ】ボンネビル・ソルトフラッツで女性ドライバーの最速記録に挑戦!

■関連動画