【ビデオ】高速道路を走行中のトヨタ「カムリ」から外れたボンネットが外れる! その一部始終を収めた車載カメラ映像
高速道路を走る時には、ボンネットがしっかりと閉まっていることを事前に確認するべきだ。そんなことを改めて思わせるのが、今回ご紹介するビデオである(警告:卑語が含まれます)。これは米国ウィスコンシン州ミルウォーキー郊外のフリーウェイを走行していたトヨタ「カムリ」からボンネットが取れて宙を舞う瞬間をとらえた映像だ。

ウィスコンシン州メノモニーフォールズ付近の高速道路で、前後にドライブ・レコーダーのカメラを搭載したクルマがその一部始終を記録していた。後方を映すカメラによって、カムリのボンネットが少し開いた状態で、カメラを搭載するクルマの脇を追い越していく様子が確認できる。カムリが通り過ぎた後、突如そのボンネットが跳ね上がり、まるで重くて硬い鉄板でできた木の葉がヒラヒラと舞うように後方へ飛んでいく様子が収められている。

ボンネットは、さらに後方を走るクルマをかすめて着地した。ボンネットが外れたクルマの車種は明らかだが、ボンネットが激突しそうになったクルマはジープ「チェロキー」のように見える。

アクシデント後もしばらく走り続けて、やっと路肩に寄ったカムリに対し、カメラ搭載車のドライバーは悪態をついている。

皆さん、どうかご注意を。ボンネットはしっかりと閉めて、積荷は確実に固定してほしい。



By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
走行中にフロントガラスを直撃した物はなんと斧! 九死に一生を得たドライバーは事故前後の記憶を喪失

【ビデオ】中国で検問する警官をボンネットに乗せたまま猛スピードで逃走!

【ビデオ】反対車線からいきなり吹っ飛んできたクルマをとっさに回避!

■関連動画