ホンダが、レッドブルF1チームに2019年からパワーユニット(PU)を供給することを発表しました。契約期間は2年。ホンダはレッドブルおよび姉妹チームのトロ・ロッソF1チームに対して同一仕様のPUを同じ体勢で供給すると意気込みます。

2015年からマクラーレンとの提携でF1に復帰したホンダは、かつての栄光を取り戻すべく奮闘したものの残念ながら好結果は得られず、マクラーレンからは成績不振の責任をなすりつけられる格好に終わりました。

しかし、この実りなきコラボレーションが2017年で終了し、新たにトロ・ロッソチームがホンダと組むことになったとき、ホンダを取り巻く状況が大きく好転し始めたようにも思えます。

万年テールエンダーだったミナルディを源流とするトロ・ロッソチームにとって、ホンダとの提携はチーム史上はじめてのワークス体制を手にする経験でした。フランツ・トスト代表やテクニカルディレクターのジェームス・キーはそのメリットに大きな手応えを感じ、ホンダを迎え入れるにあたって「日本人との付き合い方」と学ぶチーム内セミナーを開催するほどの熱の入れようで、両者は良好な関係を構築することができました。

そして、トロ・ロッソ・ホンダの誕生当時からうわさに上がっていたのが、この提携は上位チームのレッドブルがホンダ・ワークス体制を手に入れるための試金石になるのではないかということ。

レッドブルは長年ルノーPUを使用してきましたが、現在のF1にはルノー・ワークスチームも参戦しているため、レッドブルは(代金を支払う)カスタマーとしての立場しかなく、さらにルノーPUの仕様に合わせてマシンを作らなければなりません。それが、ホンダと組めばワークス待遇となり、マシン設計に合わせてPUのほうに仕様を合わせてもらうこともできるという、大きなメリットが得られます。

もちろん、ホンダPUのパフォーマンスが著しく他に劣るのであれば、レッドブルはルノーを使い続けたはずです。しかし2018年のシーズンが開幕すると、トロ・ロッソ・ホンダチームはときにマクラーレンを上回るパフォーマンスを見せ、直近のライバルとされるルノーPUとの差が、マクラーレンが言っていたほど大きくないことを証明してみせました。
ホンダの八郷社長はレッドブルとの提携発表において「2チームへPUを供給することで、より多くのデータ収集が可能となり、開発のスピードアップにつなげることができます」とコメント。さらに「2つのチームとホンダが対等となるパートナーシップ」であることを強調し、トロ・ロッソチームにも今シーズン同様にワークス待遇を続ける意向を示しています。

一方、レッドブル側も「ヘルムート・マルコ氏が「Red Bull Technology(レッドブル・テクノロジー)により統括される2つのF1チーム、レッドブル・レーシングとトロ・ロッソにとって、新たな時代の幕開け」だと語り、クリスチャン・ホーナー チーム代表も「ホンダが今年、我々の姉妹チームであるトロ・ロッソと一緒に見せている進歩のスピードは印象的で、彼らがF1で目指しているゴールは、我々の目標と同じだとも感じています。来年ホンダと一緒に仕事ができることを非常に楽しみにしていますし、ともにF1の頂点を目指します」と力強いメッセージを発しています。



ちなみに、今年のF1日本グランプリは鈴鹿サーキットで30回目の開催。しかし記事執筆時点では、来季以降のF1日本グランプリ開催はまだ決定していないと伝えられています。開催継続の後押しとなるのは観客数の増加。近年の日本GPはかつてに比べれは遥かに快適に観戦できるようになりました。F1ファン、モータースポーツファンなら、まずは今年の日本グランプリに「参加」してレッドブルF1チームを出迎え、そしてトロ・ロッソ・ホンダチームを応援したいところです。