6月18日月曜日。今週も元気にいきましょう。

今日は「考古学出発の日」です。1877年の今日、アメリカの動物学者であるエドワード・シルヴェスター・モース博士が来日し、2日後に横浜から東京帝国大学へ向かう汽車の中から、貝層が露出しているのを発見。後日発掘を行ったところ、縄文時代後期から晩期の貝塚と判明。それがのちに国史跡に指定された「大森貝塚遺跡庭園」です。こうして、エドワード博士が日本に考古学という学問を初めて紹介し、発掘調査を実施したことから、博士が来日した日を記念日として制定しています。考古学が伝わるまで、土を掘っていて何か出てきたら、どうしていたんでしょうね。ちょっと気になりました。

それでは、過去記事を振り返りましょう。

2017年
リチャード・ハモンドが350km/hオーバーで事故を起こしたEVスーパーカー「リマック コンセプト_ワン」を紹介
テスラ「モデルX」、SUVで初めて米国道路交通安全局の衝突安全テスト全項目で最高評価を獲得
ミシュラン、3Dプリンターでトレッドを補充/書き換え可能なコンセプト・タイヤを公開

Related Gallery:Rimac Automobili Concept_One

Related Gallery:TESLA Model X

Related Gallery:Michelin Vision Concept Tire


2016年
Audi A4Avant」試乗レビュー
日産、バイオエタノールを水素に改質して電気を発生させる新たな燃料電池自動車を開発
ハーレーダビッドソンから新型電動バイクが5年以内に登場

Related Gallery:Audi A4 Avant

Related Gallery:Harley-Davidson Project Livewire


2015年
デロリアン氏の元妻が所有していた「デロリアン DMC-12」がオークションへ
アウディ「2.5 TFSIエンジン」、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを6年連続受賞
メルセデス・ベンツ、「CLAシューティングブレーク」の特別仕様車「Orange Art Edition」を発表

Related Gallery:Mrs DeLorean's DMC-12

Related Gallery:Audi RS3 Sportback Photos

Related Gallery:Mercedes Benz CLA Orange Art Edition


2014年
ミハエル・シューマッハがついに退院
最高速度400km/h超えのアメリカン・スーパーカーが生産開始
テスラの社長が「空飛ぶクルマ」「潜水可能な水陸両用車」の開発に意欲

Related Gallery:James Bond's Lotus Esprit Submarine car Photos


今回注目したのは、2014年のミハエル・シューマッハが退院したという記事。2013年末にスキー事故により頭部を負傷。半年間人工的な昏睡状態におかれていましたが、その後覚醒。フランスの病院での治療から、自宅での療養・リハビリへ切り替えました。かつての仲間たちが、お見舞いに訪れているようですが、プライバシーにかかわることのため、4年経った現在までどのような状態なのかという詳細な情報は明かされてきませんでした。7回もF1ワールドチャンピオンに輝いたシューマッハの勇姿を、もう一度見たいという想いは、誰もが抱いていることでしょう。一歩一歩ゆっくりでも回復し、またみんなの前に元気な姿を見せてくれることを信じて待っています。

それでは、今週もAutoblogをよろしくおねがいします。