フェラーリ、WECダブル・タイトル獲得を記念して「488 ピスタ」の特別モデル「ピロティ・フェラーリ」をル・マンで発表!
Related Gallery:‘Piloti Ferrari’ 488 Pista

現在開催中のル・マン24時間レースに合わせ、フェラーリは「488 ピスタ」の特別仕様車「ピロティ・フェラーリ(Piloti Ferrari)」を発表した。

イタリア語で"フェラーリ・ドライバー"を意味する名称が与えられたこの「'ピロティ・フェラーリ' 488 ピスタ」は、「488 GTB」の高性能版である488 ピスタをベースに、フェラーリのカスタマイズ部門による「テーラーメイド」プログラムによって仕立てられたモデル。2017年のFIA世界耐久選手権(WEC)でドライバー部門とマニュファクチャラー(製造メーカー)部門のダブル・タイトルを獲得したAFコルセ・チームの「488 GTE」51号車から着想を得て、フェラーリでモータースポーツ活動を行うカスタマー・ドライバーのために特別にデザインされたという。


ボディに施されたトリコローリ(3色)のレーシング・ストライプは、もちろんイタリア国旗を背負って選手権を戦うAFコルセのレースカーに倣ったものだ。そのフロント・フードにはタイトルを記念する月桂樹、そしてノーズに「WEC」のロゴと参戦クラスを表す"PRO"の文字が描かれている。ドア前方に貼られた51の数字は、FIAによって決められている競技用ゼッケンよりも洒落たフォントが採用されたようだ。サルト・サーキットでレース・スタート前日に公開された車両はお馴染みのロッソ・コルサ(英語で言えばレーシング・レッド)で塗られていたが、他にもツール・ド・フランス・ブルー、デイトナ・ブラック、ニュルブルクリンク・シルバーといういずれも伝説的なモータースポーツに因んだ4色から選べるという。特徴的なリア・フェンダーのダクト周りと同様に、「ダブテール(鳩尾型)」と呼ばれるリア・スポイラーは、ナチュラル仕上げのカーボンファイバーとなっている。


ブラックのアルカンターラが張られたシートのバックレストにはドットでイタリア国旗が描かれている。ナショナル・カラーのアクセントは、シフトパドルやテクニカル・ファブリック製のフロアマットにも施され、ダッシュボード、センターコンソール、ドア・パネルなどに使われているカーボンファイバーは、全て反射して運転の集中を妨げることがないマット・フィニッシュ。仕上げにテーラーメイドのロゴが描かれたカーボンファイバー製のシルプレートと、固有の識別プレートが装着される。

エンジンは標準の488 ピスタと同じく、3年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」に輝いた3.9リッターV型8気筒ツインターボが最高出力720馬力と最大トルク770Nmを発揮する。


AFコルセ・チームのフェラーリ 488 GTEは、今もル・マンでポルシェやフォード、BMW、コルベット、アストンマーチンと激しい戦いを繰り広げている。スタートから8時間が過ぎた現在も、LM GTE Proクラスは懐かしいカラーリングをまとった2台のポルシェが1位・2位を占めているが、上位10台ほどがほぼ1ラップの中にひしめき合うほどの接戦だ。日本時間の17日午後10時、赤い跳ね馬は手強いライバルたちを制し、この"優勝記念モデル"にもう1つ大きな花を添えることが出来るだろうか。


Related Gallery:‘Piloti Ferrari’ 488 Pista


■関連記事
フェラーリ、V8ミドシップの新型スペシャル・モデル「488 ピスタ」を発表!

フェラーリ、「488 GTE」と「488 GT3」をムジェロ・サーキットで発表!

2018年ル・マン24時間レース観戦ガイド! スタート直前に見どころをチェックしておこう #wecjp

■関連動画