ワーナー・ブラザーズが映画『キャノンボール』のリメイク作品を計画中
ハリウッドで1980年代に大ヒットした『キャノンボール』のリメイクが準備中だ。ワーナー・ブラザーズは、『ドッジボール』や『なんちゃって家族』、ドウェイン・ジョンソン出演の近日公開映画『スカイスクレイパー』を手掛けたローソン・マーシャル・サーバー監督と『キャノンボール』のリメイク作品について契約交渉中と報じられた。

米国の映画業界ニュース・サイト『Deadline Hollywood』によると、ワーナーは、短パン姿の警官を描いた『ポリス・バカデミー』の脚本家トーマス・レノン氏とロバート・ベン・ガラント氏とも交渉しているという。さらに、同サイトは先日、ダグ・リーマン監督(『ボーン・アイデンティティー』『スウィンガーズ』)が候補に挙がっているとも伝えた。つまり、冒頭にご紹介したサーバー監督との交渉は決裂してしまったようだ。

1981年に公開されたハル・ニーダム監督のオリジナル版『キャノンボール』は、7,210万ドル(現在のレートで約80億円)という興行収入を上げた。同作はバート・レイノルズやファラ・フォーセット、ロジャー・ムーア、ドム・デルイーズが出演するアクション・コメディで、警察とのカーチェイスを繰り広げながらニューイングランドからロサンゼルスまで、大陸横断レースを展開するという内容だ。映画『キャノンボール』は、実存する「キャノンボール(Cannonball Baker Sea-to-Shining-Sea Memorial Trophy Dash)」というアメリカ大陸横断レースをヒントに制作された。このレースは米国の大手自動車誌『Car and Driver』で編集長を務めていたブロック・イエーツ氏が主催した違法公道レースで、同氏は映画の脚本も担当した。レース開催の理由は、1970年代に米国で制定された55mph(約89km/h)制限に抗議するためだった。


映画『キャノンボール』には、救急車を運転するレイノルズとフォーセット、ロケット・エンジンを積んだスバル(レオーネ)に乗るジャッキー・チェン、フェラーリ「308 GTS」で出場する神父に扮したサミー・デイヴィス Jrとディーン・マーティンらが登場し、無能な警官どもの追跡から逃げ通す。1984年に公開された続編『キャノンボール2』もまたニーダム監督が指揮した。これらのシリーズとは関係ないものの、このあと『キャノンボール/新しき挑戦者たち』(オーストラリアやカナダ、一部欧州では『Cannonball Fever』と呼ばれる)という映画も公開されている。オリジナルの2作品からジェイミー・ファー演じるシークだけが登場した1989年公開のこの映画は、批評家や映画ファンの間では失敗作と評価されてしまった。

サーバー監督は昨年8月、新キャノンボールは最近の傾向でもある超派手なカースタントを盛り込んだ作品にはならない、と映画情報サイト『/Film(スラッシュフィルム)』に語っていた

「我々は『ワイルド・スピード』公開後、もしくはそれ以降のシリーズが公開された世界に生きている。だから、新『キャノンボール』も"『ワイルド・スピード』的要素"から完全に脱するとは思えない。それは良しとしても、『オーシャンズ11』のような楽しい感じは取り入れたい。『ワイルド・スピード』シリーズとは違う作品にする必要がある。それでも素晴らしいカーアクションは盛り込まれるべきだけど」とサーバー監督はコメントしていた。

ワーナー・ブラザーズは、続編やリメイクに関する全ての権利をイエーツ氏や「Hal Needham Estate and Fortune Star Ltd」から取得したと報じられている。


By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
暖かい部屋でぜひ観たい! この寒い冬にお薦めのカーエンスージアスト向け映画10選

クルマは「CL55AMG」、平均時速は158km! NYからLAの大陸横断で28時間50分の新記録

故ロジャー・ムーアが愛用したボルボ「1800 S」、ドイツのクラシックカー・ショーで展示中

■関連動画