Related Gallery:Mazda CX-8

マツダの3列シートを備えるクロスオーバーSUV「CX-8」の最上級グレード「XD L Package」に、7人乗り仕様が新たに追加されました。

2017年12月にCX-8が発売されてから、これまでインテリアに本革(ナッパレザー)シートや本杢のデコレーション・パネルを装備するXD L Packageには、2列目に2人用のキャプテンシートとアームレスト付きコンソールボックスを備える6人乗りしか設定がありませんでしたが、今回から2列目にベンチシートを採用した7人乗り仕様も選べるようになりました。これによって1人多く乗せられるだけでなく、5人で乗っても3列目シートを畳んで荷室として使用することが可能です。また、2列目と3列目シートを畳んだ際に床面がほぼフラットとなるため、アウトドア用の大きな荷物などの積載にも便利です。ナッパレザーの質感と、より高い実用性の両方を求める方には朗報でしょう。


上の画像は新しい7人乗り、下の画像が6人乗りです。どちらもカラーはディープレッド(エボニーステッチ)とピュアホワイト(ライトグレーステッチ)から選べます。ちなみに3列目シートに本革は使われておりません。


昨年の発表から発売までの3ヶ月間では、予約注文された方の43%がL Packageを選ばれたそうです。7人乗り仕様の追加によって、今後はCX-8のレザー・シートに座る人がさらに増えることでしょう。価格は6人乗りも7人乗りも変わらず、前輪駆動が395万8,200円、4輪駆動が419万400円。布シートで装備がやや省略された「XD」であれば、319万6,800円からという価格で購入できます(いずれも価格は消費税込み)。パワートレインは全車共通。最高出力190ps/4,500rpmと最大トルク450Nm/2,000rpmを発揮する2.2リッター直列4気筒ターボディーゼル「SKYACTIV-D 2.2」エンジンと、6速オートマチック・トランスミッションの組み合わせとなります。


■関連リンク
マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/

Related Gallery:Mazda CX-8


■関連記事
「プレマシー」「ビアンテ」の後継となれるのか!? 3列シートクロスオーバーSUV市場を切り開くマツダ「CX-8」発表!!

CX-5以上CX-9未満がポイント!! 日本市場に合わせたマツダ「CX-8」の絶妙なパッケージングとは!?

なぜディーゼルモデルのみの設定!? マツダ「CX-8」に搭載されたディーゼルエンジンの進化とは!?