フィアット、小型クロスオーバー「500X」にアウトドア向けパッケージ「アドベンチャー エディション」を設定
フィアットはこの夏から「500X」に新しい「アドベンチャー エディション」を設定し、このイタリアの風変わりな小型クロスオーバーにワイルドなアウトドアのテーマを追加する。

アドベンチャー エディションは、「500X トレッキング」モデルをベースに、18インチのアルミホイールや、ブラックのルーフレールとクロスバー、フロントとリアにスプラッシュガード、オレンジのミラーキャップ、そしてボディ側面のドア下部に沿って施されたグラフィックが追加される。内装には、樹脂成形のリア・カーゴトレイと全天候型のフロアマットが付いてくる。

エクステリアのカラーは、ホワイト・クリアコートやブラック・コート、グラファイト・グレー、グレー・メタリックの4種から選べる。インテリアのカラーはブラックかブラウンのいずれかになる。

ベースとなる500X トレッキングのパワートレインは、最高出力180hp、最大トルク24.2kgmを発揮する2.4リッター自然吸気直列4気筒エンジンを搭載し、9速オートマチック・トランスミッションと組み合わされる。駆動方式は前輪駆動と4輪駆動が用意され、後者は4輪駆動が必要ない時に燃料消費を抑えるため、リア・アクスルの分離機能を備える。さらに多くの先進的な安全技術や、7インチの「Uconnect」インフォテインメント・タッチスクリーンを装備する。

アドベンチャー エディションのパッケージを選ぶと、米国では前輪駆動モデルが2万4,680ドル(約273万円)、4輪駆動モデルは2万6,580ドル(約294万円)というベース車の価格に、945ドル(約10万5,000円)が上乗せされる。どちらも995ドル(約11万円)の輸送費を含めた金額だ。


By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【長期テスト車リポート】欠点があっても我々のお気に入り、フィアット「500X」

【ビデオ】ブランド初! 新型「フィアット 500X」が、米国IIHSの安全評価で最高評価を獲得

【ビデオ】なぜ、フィアット「500」シリーズは大きくなったのか?

■関連動画