6月16日土曜日、本日はル・マン24時間レースの決勝日です。22時スタートなのでお忘れなく。そして、1903年の今日、アメリカの自動車メーカーである「フォード・モーター・カンパニー」が設立しました。ヘンリー・フォードが3度目の正直で立ち上げた自動車会社で、最初の会社は解散、2度目の会社は「キャデラック社」として存続し、のちにゼネラル・モーターズに合流しています。大衆車の製造を目指していたヘンリーは、1908年に登場したフォードT型が爆発的に売れ、19年間で1500万台以上が生産されています。その生産を支えたのが1913年に導入したベルトコンベア式組立ライン。生産性の向上と製品品質の均一化、部品コストの低減や労働者への厚遇など、さまざまな改革を行ってきました。

残念ながら、戦前から続いていた日本での販売は、1999年に設立した子会社「フォード・ジャパン・リミテッド」が2016年に撤退したことで、正規ディーラーは完全に消滅してしまいました。現在はアフターサービスのために、ピーシーアイによる「フォード認定サービスディーラー」が残っています。

ということで、ササッと過去記事を見ていきましょう。

2017年
マクラーレン、開閉式ハードトップを採用した「570S スパイダー」を発表
メルセデスの「190E エボ Ⅱ」と「C63 DTM」、新旧2台のDTMマシンが対決
アウディ、さらに高性能な「R8 スパイダー V10 プラス」を発表

Related Gallery:McLaren 570S Spider

Related Gallery:Audi R8 Spyder V10 Plus


2016年
トヨタ、鏡面仕上げの「MIRAI(ミライ)」で英国のヒルクライムに参戦
フォルクスワーゲン「ビートル」の新しいレゴが登場
「カルマ」に「コルベット」のV8エンジンを搭載する「デスティノ」の第1号車が遂に納車

Related Gallery:2016 Toyota Mirai: LA 2014

Related Gallery:LEGO Creator Volkswagen Beetle 10252

Related Gallery:VLF Destino


2015年
いすゞとGM、米国向け商用車に関する協業に合意
ポルシェ、ル・マンで「919ハイブリッド」が 1-2フィニッシュを飾る
トヨタ「TS040 HYBRID」、ル・マンでの健闘虚しく 雪辱を誓う

Related Gallery:PORSCHE Le Mans 15 June 2015

Related Gallery:TOYOTA GAZOO Racing TS040 HYBRID Le Mans 2015


2014年
タイヤは不要になる!? トヨタが路面から浮いて移動する"ホバーカー"を研究中
特別な「ブガッティ・レジェンド」第5弾モデルは3億400万円
2014年のル・マン24時間レースはアウディが5連覇

Related Gallery:Bugatti Veyron Vitesse Black Bess Legend Edition Photos

Related Gallery:Le Mans 24 Hours 2014 Finish


2014年、2015年とル・マン24時間レースでトヨタ残念という記事をピックアップしていますが、結局2017年までトヨタはル・マン24時間レースで勝てていません。2016年はあと1周で優勝という目前まできたのに、ストップしてしまいました。何が待ち受けているかわからない耐久レースの過酷さを目の当たりにした瞬間でした。

今年も本日22時(日本時間)からスタートします。ポールポジションは、中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ組のトヨタTS050ハイブリッド #8号車、2位は小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ステファン・サラザン組のトヨタTS050ハイブリッド #7号車となっています。

中継は、J SPORTSがCS放送とオンデマンドで行います(どちらも有料)。オンデマンドでは24時間ライブ中継します。また、トヨタのGAZOOレーシングのYouTubeサイトでは、無料でオンボード映像を24時間ライブ中継します。ほかにも海外のサイトで無料中継するところもあるので、調べてみるといいでしょう。

それでは、よい休日を!