6月14日木曜日。1940年(昭和15年)の今日、勝鬨橋が完成しました。勝鬨橋は銀座から月島、晴海へ向かう晴海通りで、隅田川にかかる橋になります。国内最大級の跳開橋として有名で、当時は陸運より水運が優先されていたため、1日3回跳開していました。しかし、東京オリンピック以降は跳開回数が減り、1970年(昭和45年)の11月29日を最後に跳開されなくなってしまいました。2020年、再び東京オリンピック・パラリンピックが開催されますが、この橋を通る晴海通りは競技会場や選手村へのアクセスに使われることでしょう。橋を開くために使用していた変電所を改修し、「かちどき 橋の資料館」として勝鬨橋をはじめとした隅田川にかかる橋の貴重な資料が展示されているので、一度訪れてみるのはいかが?

それでは、本日も過去記事を振り返ってみます。

2017年
自動運転(レベル2)で「事故は確実に減る」。日産、プロパイロットの標準装備化に意欲
映画『トロン』から発想を得た電動バイク「ニュートロン」価格は約600万円から
カワサキ、WSBK(ワールドスーパーバイク選手権)で 通算100勝達成

Related Gallery:NISSAN X-TRAIL

Related Gallery:Kawasaki WSBK 100


2016年
スバル、イエローが特徴的な「BRZ」の限定モデルを米国で発表
今年のマン島TTレースで、4人の選手が事故死
BMWのオートバイから着想を得た「MINI クラブマン All4 スクランブラー」登場

Related Gallery:2017 Subaru BRZ Series.Yellow

Related Gallery:2017 Subaru BRZ

Related Gallery:Mini Clubman All4 Scrambler Concept


2015年
テスラのギガファクトリー、起ち上げに数百人のパナソニック社員を派遣
まるで悪魔のようなボディ・カラーで仕上げられた「マクラーレン P1」特注モデル
カワサキ「Ninja H2R」がマン島で最高速度331km/h以上を記録

Related Gallery:Tesla Motors Gigafactory plan photos

Related Gallery:McLaren P1 by MSO

Related Gallery:Kawasaki H2R at the 2015 Isle of Man TT


2014年
メルセデスの6輪駆動モデル「G63 AMG 6x6」に"プーチン仕様"が誕生?
3Dプリンターを使い、たったの5日間で電気自動車を作るプロジェクト
ル・マン24時間レースで、マツダが「ロードスター」25周年を記念してパレードに参加

Related Gallery:Dartz Red Russian G63 AMG 6X6 Photos

Related Gallery:Le Mans 24Hours 2014 Parade


相変わらず、マン島TTやル・マン24時間レースの話題が多いですが、注目したのは2017年の電動バイク「ニューロン」の記事。1982年に公開された映画「トロン」の続編映画「トロン:レガシー」(2010年公開)に登場した「ライトサイクル」をモチーフにしたという電動バイクです。カスタム車両製作メーカーによるオーダーメイドで、公道も走行可能。最高速度は約161km/hで航続距離は約100kmから130kmとのこと。このニューロンは2018年度版として購入可能のようです。映画「バットマン」に登場した「バットポッド」、あるいは漫画「AKIRA」に登場する「金田バイク」もよくモチーフにされますが、この手のデザインバイクで颯爽と走り抜けていったら、注目されることは間違いありません。1台いかがですか?

それでは今日も1日がんばっていきましょう。