【ビデオ】噂のライフハックを検証:歯磨き粉でクルマの擦り傷を消せるか!?
近頃は生活に役立つ裏技、いわゆる"ライフハック"なるものが流行している。しかし残念ながら、インターネット上で噂になっているハックの大部分は、あまり役に立つとは言えない。そこでAutoblogでは、時間のない貴方に代わって自動車関連の"カーハック"を実際に試し、使えるか使えないかを検証して動画シリーズ『Car Hacks』でご紹介している。

今回アムル氏が試したのは、クルマに付いた擦り傷を歯磨き粉で消すというカーハックだ。日常的に使うクルマであれば、スーパーの駐車場で車体の擦り傷に気づいた、なんてこともあるだろう。多くの人は、あらゆる傷の修理をプロに依頼する金銭的余裕はないから、今回のように家庭にある物を使う安上がりな裏技で対処できるかどうかは気になるところだ。果たして歯磨き粉で本当に擦り傷は消せるのか、それとも単にクルマがミントの匂いになるだけなのか。

なお、クルマの「擦り傷」とは、かろうじて目に見える程度の軽く擦れた跡のことで、通常はクリア塗装より深くにまで達していないものをいう。クルマのエクステリアはクリア塗装、ベース塗装、下塗り塗装、ボディパネルという4層構造になっており、クリア塗装より深い傷はプロに修理を依頼する必要がある。

今回のカーハックでは、歯石予防効果のあるホワイトニング歯磨き粉を使う。この種の歯磨き粉には研磨作用があり、コンパウンド(研磨剤)のような働きをすることを利用するのだ。

手順は、まず傷の周囲をカーシャンプーできれいに洗う。次に、歯磨き粉をタオルにたっぷり取り、傷の部分をこする。歯磨き粉でこすることで、コーティングやクリア塗装の層を極薄く取り除き、擦り傷を目立たなくするわけだ。終わったら、歯磨き粉を水で洗い落とし丁寧に拭き取る。

動画をご覧いただくと分かるように、作業前と作業後を比べてみると、傷は多少目立たなくなっているものの、完全には消えなかったという結果に終わった。

結果は微妙だったが、実際にカーハックを試してみるのは楽しいものだ。なお、愛車をもっと適切な方法でケアしたいという方は、そのコツをクルマ磨きのプロであるラリー・コシラ氏が伝授する動画シリーズ『Autoblog Details』をチェックしていただきたい。それでは次回のカーハックもお楽しみに。



By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】プロが教える、愛車についた深い傷を補修する方法