Related Gallery:2018 Toyota Camatte

トヨタは、6月7~10日まで東京ビッグサイトで開催された東京おもちゃショー2018に出展し、「Camatte」 のニューモデル「Camatte ペッタ」(旅バージョン)を公開した。

トヨタは、2012年に子供が運転でき、かつボディを着せ替えることで、色やスタイルが変更可能なクルマ「Camatte そら」を初出展。翌2013年には、57枚の小型パネルでパズル感覚で組立て可能な「Camatte 57s」を公開。

さらに2014年には、ブース全体でクルマの動く仕組みを学びつつ、子どもが自分で描いた絵をフード表面に映し出すことができる「Camatte Lab」を、2015年には、ARを用いて、自分が選択した好みのクルマで街中を走る疑似体験ができる「Camatte Vision&Camatte はじめ」2016年には自分好みの空間をつくるトレーラー「Camatte Capsule」、 そして、2017年は子供が自分仕様にデコレーションしたクルマ「Camatte ペッタ」で実際に運転が体験できるブースを初めて出展している。


今回新たに登場したCamatte ペッタ(旅バージョン)は、あくまで、Camatte ペッタの特別仕様車的なモデルで、基本的なボディは、ベース車両と同じだ。

旅バージョンということで、トランクにラックと荷物が装着され、旅体験を想起させる仕上がりとなっている。


会場には、親子で楽しくクルマでの旅を疑似体験できるブース「Camatte Journey」が出展された。

ブースでは、タブレットで子供がアクセル、ブレーキの位置を学習し、Camatte ペッタ(旅バージョン)に乗り込み、旅体験ゾーンまで、直線走行コース(約7m)を子供が自分で運転することができる。

また、旅体験ゾーンでは、様々な旅先の景色の映像が周囲220度のスクリーンに流れるように映し出され、旅を疑似体験し、そして体験終了後、直線走行コースをバックで運転して戻るといったこともできるのだ。

Camatteは、おもちゃショーの他、通常期間は、大人でも子供でも東京都のお台場にあるメガウェブで乗ることが出来るので、興味がある読者はそちらで体験してみよう。

Camatte Journey コンセプトムービー


■関連リンク
トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp