Acura NSX and TLX to race up Pikes Peak.
6月10日日曜日。お休みですが本日も過去記事振り返っていきましょう。

今日は「時の記念日」だそうです。日本書紀に天智天皇が671年4月25日(現在の暦で6月10日)に漏刻と呼ばれる水時計を大津宮の新台に置き、鐘鼓を打って時報を知らせたとの記述があり、1920年に生活改善同盟会が制定しました。水時計そのものは、エジプトなどで紀元前の昔から使われてきましたが、日本ではこのあたりの時代から「時間」というものを意識しだしたのでしょうか。現代社会では時間なくして生活できません。時間を無駄にせず1日1日を大切に生きていきたいものです。

2017年
テスラ、新型クロスオーバー「モデルY」のティーザー画像を公開。2019年に発売予定
アキュラ、2台の「TLX」とGT3マシンから着想を得た「NSX」でパイクスピークに参戦
乗りたいのはどれ?人気のコンパクトSUV発表

Related Gallery:Acura Pikes Peak race cars

Related Gallery:MAZDA CX-3

Related Gallery:TOYOTA C-HR


2016年
マクラーレン、ボディにグロス仕上げのカーボンファイバーを多用した「MSO カーボン・シリーズ LT」を発表
もっと評価されるべき直列6気筒エンジン
BMW、新型エンジンを導入した「3シリーズ グランツーリズモ」のマイナーチェンジ発表

Related Gallery:McLaren 675LT MSO Carbon Series

Related Gallery:2017 BMW 3 Series Gran Turismo


2015年
マン島TTレースの予選で仏ペトリコーラ選手が事故死
懐かしいホンダ車が続々登場する「HR-V」(ヴェゼル)のCM、放映開始
ル・マン24時間レース、いよいよ開幕

Related Gallery:2015 HR-V CM

Related Gallery:Le Mans 07-08 June


2014年
マツダ、排気量1.5リッターのクリーンディーゼル・エンジンを新型「デミオ」に搭載すると発表
世界一過酷な2輪の耐久レース「レッドブル・ヘア・スクランブル」

Related Gallery:2015 Mazda2 Spy Shots

Related Gallery:2014 Red Bull Hare Scramble Photos


本日気になった記事は、2017年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムにホンダ「NSX」とアキュラ「TLX」が参戦する話。パスクスピークといえば、歴史は古く1916年に第1回が開催され、標高2862mのスタート地点から標高4301mの山頂を目指して駆け上がるタイムを競うレースです。グラベルだったコースも年々ターマック化され2012年に完全ターマック化。なかなか10分を切れずにいたタイムも一気に8分台まで短縮されました。スズキ車を駆るモンスター田嶋選手が有名ですが、2017年は不参加。結果はTLXが総合2位に入る健闘をみせました。

今日というか、明日の深夜3時からF1カナダグランプリの決勝です。トロ・ロッソ・ホンダの新エンジンのパワーはどのくらい改善されたでしょうか? 気になるところです。

それでは休日を満喫してください。