マツダと「もみじ饅頭」の名店にしき堂が再びコラボ! 「マツダ国内生産累計5,000万台記念パッケージ」を発売
広島から世界に向けて今日もたくさんのクルマを送り出しているマツダと、広島名物として知られる「もみじ饅頭」の名店、にしき堂が再びコラボレーション商品を発売します。2016年の「マツダ ロードスター生産100万台記念パッケージ もみじ詰合せ」に続く第2弾は、「マツダ国内生産累計5,000万台記念パッケージ もみじ詰合せ」と銘打たれ、オリジナル化粧箱にマツダの歴史を彩る5台の名車のサイドビューがデザインされているだけでなく、化粧箱に描かれている名車と「シークレットカー」(なんだろう、ランティスかな? それともエチュードかな?)の計6台のうち、いずれか1台のデザイン画が描かれたカードが付属。このカードには両社の思いを込めたメッセージも記されています。

中身の方は、にしき堂の「生もみじ」(こしあん2個、粒あん1個、抹茶1個)と、「もみじ饅頭」(こしあん1個、粒あん1個、お餅1個、お芋1個)が4個ずつ。前回のロードスター・パッケージから、(筆者は個人的に気に入っていた)もみじ饅頭のチョコレートとチーズクリームが外され、代わりに柚子風味に仕上げたお餅入りもみじ饅頭と、「なると金時」の焼き芋入りもみじ饅頭が加わっています。

2018年6月10日から2019年3月31日まで販売される予定で、価格は消費税込み1,000円と、クルマ好きの友人へのお土産にも、自分用の広島来訪記念の一品としても最適。にしき堂 光町本店、直営店のほか、にしき堂オンラインショップでも購入可能です。


■関連リンク
にしき堂オンラインショップ
https://www.nisikido.net/

■関連記事
マツダとにしき堂が、もみじ饅頭の「マツダ ロードスター生産100万台記念パッケージ」を発売