【ビデオ】ポルシェ「919ハイブリッドEvo」をニュルブルクリンクで目撃! ラップレコード更新に挑戦中か!?
ベルギーのスパ・フランコルシャンでラップタイムの新記録を樹立したポルシェ「919ハイブリッドEvo」だが、次はどこに向かうのか。その答えは、下の動画にあるようだ。そこには、ニュルブルクリンクの北コース(ノルドシュライフェ)を、爆音を響かせて駆け抜ける919ハイブリッドEvoの姿が映っている。このビデオはコース内の様々なセクションを走る様子を編集したものだ。超高速で単独走行をしている場面もあれば、「911」の後ろにピタリとついて走っている状況も見られる。後者は一種の練習走行か、あるいは車体前部をビデオ撮影するためだろう。

"リンク"でドライブを行った正式な理由は発表されていないが、ラップタイムの新記録更新を狙うこと以外の理由は考えにくい。我々は信じられないようなラップタイムを目にするかもしれない。スパを走った919ハイブリッドEvoは、ルイス・ハミルトンがF1マシンで記録したタイムを打ち破った。その速さは驚異的であり、ポルシェ「956」が1983年のニュルブルクリンク1000kmレースでプラクティス中に記録した6分11秒13という現時点の最速タイムを超える可能性も十分に考えられる。

919ハイブリッドEvoは、FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦した「919ハイブリッド」をベースとするエボリューション・モデルだが、レースのレギュレーションやルールに縛られない。そのため、燃料使用量の制限から解き放たれたV型4気筒エンジンの最高出力は720psに達し、さらに回生エネルギーによる電気モーターが440psを発揮してこれを後押しする。ヘッドライトやワイパー、レース用の機器類を取り外すことで車両重量は39kgほど削減され、大型化したフロント・ディフューザーとリア・スポイラー、アクティブ・エアロダイナミクスの採用で、WEC参戦時よりもダウンフォースは53%増大している。



By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
レース規定から解き放たれたポルシェ「919ハイブリッドEvo」が、スパでF1マシンよりも速いラップタイムを記録!

■関連動画