アウディの「2.5 TFSI」5気筒エンジンが、9年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞
・アウディ「2.5 TFSI」エンジンが、2~2.5リットルクラスのベストエンジンに輝く
・最高出力294kW(400hp)/最大トルク480Nm。量産車ではもっともパワフルな5気筒エンジン
・Audi Sport技術開発責任者オリバー ホフマン「5気筒はアウディ ブランドのアイコン」


2018年6月6日 インゴルシュタッド/シュトゥットガルト:アウディの2.5 TFSIエンジンが「インターナショナル エンジン オブ ザ イヤー」の2~2.5リットルカテゴリーにおいて、9年連続となる、ベストエンジン賞に選出されました。294kW(400hp)の出力は、5気筒エンジンとして世界でもっとも高出力です。

選出理由にまず挙げられたのは、480Nmをわずか1,700rpmで発生する印象的なトルク特性でした。同時に5気筒ターボエンジンならではの排気音も高く評価され、1-2-4-5-3という特徴的な隣接のある点火順序は、このエンジンに独特のリズム感をもたらす源泉になっています。Audi Sport GmbHの技術開発責任者オリバー ホフマンは「5気筒エンジンは40年以上にわたって、アウディ ブランドのアイコンであり続けてきました。2年前、私たちは伝統の2.5 TFSIを完全に設計し直し、アルミニウム・クランクケースを与えました」と説明しています。

Audi TT RS Coupé / Roadsterに加え、この5気筒エンジンはAudi RS 3 Sedan / Sportbackにも搭載されています。0-100km/h加速タイムはAudi TT RS Coupéが3.7秒、Audi TT RS Roadsterは3.9秒であり、Audi RS 3 Sedan / Sportbackも4.1秒を達成しています。最高速は4モデルとも電子制御リミッターにより250km/hに制限されますが、それを280km/hに高めるオプションも用意しています。

インターナショナル エンジン オブ ザ イヤーは1999年から開催されており、各国から選ばれた65名の自動車ジャーナリストが、いくつかのカテゴリーに分けてベストエンジンを選出するものです。今回の2.5 TFSIの受賞は、アウディにとって合計14回目となる栄誉です。


※本リリースは、ヨーロッパ仕様に基づくAUDI AG配信資料の翻訳版です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ